セメントマッチ  日常

今日は機動班。

某場所の階段に手すり設置。

まぁ
俺が呼ばれる時は力仕事の時。
やるのは基礎に使うコンクリ作り。

作業が大変というより周りの人達が大変でしてね。
何かと恐れられていて、バイト仲間でもコッチに呼ばれる人は決まっている。
今は俺がメイン。

適当に流せる人じゃないと難しい。

来週辺り遊具設置なんでセメントをかなり使うようだ。
どうせ呼ばれるのは俺なのさ。

今日もドームの人混みをやり過ごし帰る。

夜中に「許せない話」をやっていた。
すべらない話の別バージョンみたいの。

怒って笑いを取るというヤツで、昔の漫才ってこんな感じだったよね。
それをトーク番組にアレンジしている感じ。

バンドでヴォーカルと(主に)ギターが背中合わせてなんかにこやかに絡むような場面があるけど、アレは楽屋でやれよ!と怒っていた。
何となく他の人も同意していた。
そんなもん見せられても、くだらないって事だろう。

ベーシストは大概いじられてもブッキラボウに演奏しているとかも言ってたな。

見ていてイラッと来る人は来るんだな。

見方は其々だから。

要は演奏してる側はエンターテイメントだとは思ってないという事なんじゃないかね。

同じ感覚で言えば「身内ノリ」はホント多いなぁ。
何処行っても身内ノリは絶対居るね。
お客さんをいじっているようでも結局は身内(ファン)だったりね。
そんなにファンが居る訳でもないのに。

困るとメンバーいじってね。
お茶を濁して。

楽屋と打ち上げが楽しみってタイプの人達ね。





サークルかよ!




今、職員さんにまたライブやらないか、と言われてるが、ちょっと迷う。
ワンマンなら良いがブッキングで前回のような、ある意味身内ノリでやってしまうのは自分的には許せなくて。

基本的にステージ上は俺がコントロールしてるから問題ないが会場のノリが異常だったからねぇ…

ま、勝手にシークレットライブにして「日程を発表しない」とか策はあるので考えてみる。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ