音楽バカになるな  日常

最近よく週刊プロレスを買う。

今は週刊プロレスしかないが、元々は週刊ゴング派で、さらに前はビッグレスラーというマニアックな雑誌派だった。
そこら辺はジャンプ、マガジン、サンデーよりチャンピオン派だったのにも通じる。


色々気になるけど試合見るまでは時間がなかったりで。
昨年の最強タッグあたりから全日本プロレスが気になる。

ちょっと前に冬木弘道の追悼特集が載っていた。
冬木選手は大腸癌で亡くなった、いわば先輩。
非常に頭の良い人で再掲載されたインタビューはいま読んでも新鮮。
というか時代があの頃から止まっているのだな。

だから今でも通じる。

オレはプロレスから学んだ事が多い。
日常やステージ、なんにでも変換出来る。


ちょっと前に週刊プロレスの本が出た。

クリックすると元のサイズで表示します

かつて客観的な記事が主体の雑誌媒体に主観的レポートを取り入れ「活字プロレス」と呼ばれ、公称40万部というオバケ雑誌を作り上げたのはターザン山本なんだけど、歴代編集長や編集者、周辺のライターなどのインタビューで構成されている。

前に出たターザンの本で金でSWSに動いたと天龍を批判しながら実は馬場からお金を貰っていたというのを暴露していたが、この本はヒール的イメージを覆すようなターザン山本の凄みが現れてる。

ある編集者のインタビューでターザンに「プロレスバカになるな」と言われたらしい。
色んな事に興味を持ち、それをプロレスに反映しろ、と。

これは手塚治虫大先生の「漫画で漫画を描くな」と同じ。

物凄くこれに影響されて、音楽バカにならぬよう(つーか、ろくにギター出して練習もしないオレには音楽バカの素質がないのだが)活動してきた。

未だにプロレスバカ、漫画バカ、音楽バカ、だらけ。
だから、オレは変態的なの。
たぶん周りの人は絡みにくいでしょう。
構わないけど、同類の人がいないかな、と探したりもするのです。

<:1457" title="がん・腫瘍ランキングへ"><う/a>
がん・腫瘍ランキングへ


大腸がんランキングへ


弾き語りランキングへ


4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ