発掘したりR−1見たり  日常

久しぶりになんかCD買おうかしらねーなんて色々調べて開拓していた。


メコンデルタというスラッシュバンドがいて、よく集めていたんだけど、クラッシックとスラッシュの融合で、昔から様式美と言われメタルはクラッシックの影響下にあるんだけどももっとダイレクトにムソルグスキーの名曲をカバーしたりしてそれがカッコよくてね。

オリジナルも変拍子でメチャクチャ速いスラッシュの曲とか良いものもあるがカバーに適わないという。


そのバンド調べてたらなんか点数つけてるサイトを見つけ、知らないバンドを知りたくて見てみた。

最初はラプソディーというシンフォニックメタルをyotubedeで聴いてみた。
ハロウィンやブラインドガーディアン系かしらね。ジャーマンでなくイタリアだけど。
RPGみたいな。

イマイチ今は欲しないかな。

続いてオーペスというスウェーデンのプログレッシブデスメタルバンドに注目。
プログレッシブデスメタルとかもうなんだか訳がわからないが(俺が聴いてた頃はそれほど細分化してない)んーどうかなー。


アポカリプティカというチェロ4人とドラムという凄い編成のバンドはメタリカとかカバーしているが、クラッシックのカバーが良くて、これは買ってみたいと思った。

そしたら色々画面横の関連動画に出てきたんでザクザクとザッピングのように聴いていた。

ハープメタルって表示してるからなんだと思ったらハープ2人組が色々メタルの名曲をカバーしているだけだった。
やっぱ打楽器がないと疾走感が足りない。

メタリカをアコースティックギター何十人で弾いてるのも丁寧すぎてつまらない。


メタルウイングス、ナイトウィッシュ、ドラマティックな女性ボーカルのバンドも良かったが何曲か聴くとちょっと飽きが来る。

メタルに限って探してみました。




夜中のラジオで伊集院光がR−1ぐらんぷりに対して「生放送でアキラ100%は気になる」と言っていたので注目して見ていた。

普段より思い切った感じではなかったが、生放送のスリルが面白さに繋がるなんて新鮮だった。

なぜかピン芸人は裸が強いね。

作りこんだネタは1人じゃなくても良いじゃんってレベルになっててインパクト系の方が独りに合う感じもするね。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ