麺禁  日常

退院したらラーメンが食べたかった。


入院してた時、蕎麦が出た話を書いたけどあれが火曜日で、術後の火曜日、19日は確か3分粥になった時で他の患者が昼食時に何かをすすってて「麺類だな、火曜日が麺なんだな」と思っていた。


婦長さんのような風貌のベテラン看護士さん(婦長ではない)と仲良かったんだけど(昔から年上にはモテる)小田原行ったときは時間がなくてコンビニおにぎりとかしか食わなかったことに対して「好きなもの食べたらよかったのに」とか言っていた。
まだ軟菜食の時に「お粥から普通のご飯にするように言ってあげるわよ」と言うので喜んだ。
それがまた火曜日で、「おお昼は麺だったな!」とさらに喜んだ。

そしたら食べ物の話になった時に「退院したら何が食べたいか?」となり「ラーメン!」と言ったら「麺類は駄目ね」と持論を展開。
なんでも、退院してスパゲティ食べたら腸閉塞になって直ぐ病院に戻ってきた患者がいたらしく。

消化の悪い食べ物はごぼうとかこんにゃくとかあるんだけど、麺類はどうしてもツルツルと飲み込んでしまうから良くないと。

「火曜日は麺類の日だからご飯にするように言っておくわ!」
満面の笑みで言われた。

好きのもの食べたらよかったのにと言ってたクセに!


持って来たのは普通のご飯で、名前の札に「ご飯220グラム−麺禁」と書いてあった。
まーお粥よりは良かったが麺が食べられず赤で書かれた「麺禁」の文字がショックだった。

他の患者のズルズルとすする美味そうな音が恨めしかった。


「退院したらラーメン」はまだ実現してない。
腸閉塞と言われたら、食いづらいよね。

きのこ類も消化に悪いんだけど、退院後は例の毎食マイタケを始めた。
よく噛んでいるせいかまだそのままウンコとして出てはいない。

それならば、大腸がんでも普通に食べている人もいるし行けるかも知れない。

まずは年越しそばを挑みたいんだが正月早々病院送りにならないかと心配している。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ