娑婆の厳しさよ  

ラジオは聞いて頂けましたかね〜?

まだ収録では癌が発覚してなかった訳で、なのに最後に「生きてこそ」を入れていたりしてねー。

また出たい番組だわ…




昨日はライブでした。
キャンセルを相談してトリの枠は空けておきますと言われ、なんとか外出許可が降りたんですが、先生に「場所は何処ですか?」と聞かれていたら、ちゃんと答えたかは分からない。
小田原って言ったらダメって事にはならないかもだが条件を付けられたかも知れない。


だからまー事前に最低限の時間に設定したり負担が無いようにしていた訳で。



病院から矢切駅まで10分くらいかな?そこまで歩いただけでなかなかしんどかったね。
息が切れる感じ。

んで品川まで直通で行ったんだが円座という穴開いた座布団を持参してシートに敷いてから座ったんだが安定しなくてね。
ケツがずっと痛いからね。

痛くない姿勢を優先するからなんか斜めに座った感じのまま品川。

新幹線に乗り換え。

今回は利害関係は無視。
身体優先。
目的は歌う事にあり。

乗り換えで歩いた時は平気だった。
既に外の雰囲気に慣れてきた。


新幹線は品川から小田原まで30分くらい?
メチャクチャ早い。
偉く近く感じた。


市民会館まで歩いた。

もう普段のリハビリの量を越えたかも。
でも平気だった。


市民会館の前に悪そうなオジサンが座って此方を見てるから無視したらよねさんだった。



かなり遅れて来たので(了承済みだが)謝りつつ
ワイワイ挨拶しながら控え室。

飯山さん以下スタッフの方から花束を頂く。

迷惑かけて花束貰うのもな〜と思うが。

寝ころべる座敷の楽屋も「使って良い」と言われたが使わなかった。
途中で崩すような体調なら来なかっただろう。
自分の身体はやはり自分が一番分かる気がするんだけどステージWまで分からなかったオレが書いても説得力ナシ。



メンバーと打ち合わせして、雑談しながら着替える。

トーアカマタ大石さんが挨拶に来た。
今回はバンドに脱退騒動があり応募はしてなくて、オレのためにわざわざ来たらしくなんだかスミマセンと謝る。

さくらの女将さんが来るとかいう情報もあったが定休日じゃないし無理だろうと思っててやはり来ないと思ってたら開催日を日曜日と間違えていたらしい。







タバコ吸いましたよ。


美味いような美味くないような。


肺には転移してないから(これで押し通す)。
こうなったら電子タバコ欲しいよねー。




後はパパッと時間が来てパパッと終わってまた新幹線で帰った。


地元の方々で知った顔も増えてきて、沢山とは言えないけど最後はちょっといろんな人と話したりしました。
知らない人もラジオ聴いてる人が居たりしましたね。



ただ
これでは
市民会館を埋める事は出来ない。

熱海のラジオの効果はあったのか?
10月に興味津々で話しかけられて今回の宣伝をしておいた人は?
DVD買ってくれた人は?



分からなかった。


それでも当然埋まらない。


予定ではクリスマスなんで市民会館の周りで無料DVD配りながらチラシも渡す事をしたかったんだが、断念した。




それでも当然埋まらないだろう。





どうやったら埋まるかしら?




今回の「手術から復帰ライブ」という看板。
ある意味、今しか使えない文句ですよ。


地方だからというのを差し引いても
その効果もあまり感じられず。





「応援してます」
非常にありがたいです。

ただ、人による。温度差というか種類があるよね。




誤解を恐れず書くならば、応援されなくても最初からオレは「悲観してない」って書いてきたし、そんな事よりもラジオ聴いて欲しいし、佐藤豪が癌と闘ってるのを売りにしたい、これでのし上がりたいと思ってるんだからオレが癌という事実をもっともっと広めて欲しい。


見守ってますとかじゃなくて

攻めたいんだからさ。




見返りナシでオレに身を捧げた本物のお客さんが初めて付いた2004年から段々と増やして行った訳だが、オレは本物のお客さんがオレをまだ観たいって言うからさ、癌にも向き合ってる訳。


当時mixiの紹介文に1度もオレのライブに己の意志で足を運んだことが無い人から「ファンです」と書かれた。

「オレのお客と一緒にすんじゃねぇよ!」と思った。
でも何も言えなかった。暫くしてマイミクは外したけど。

オレのお客はオレが守りたい。




昨日のライブで感激してくれた方が居た。
昨日は無料だが、チャージのあるライブに足を運んでくれた事もある。

「来てくれてありがとうございます」と深々と頭を下げられた。




その方と、病気に対する興味本位のみでこれを読んでる人(じゃなきゃアクセス400なんていかない)とはやはり一緒にされたくない。




例えばレコード買ってくれたりテレビ見てくれたりするコアなファンと
名前もろくに知らないのに偶然見かけたから「ファンです」と近づく人。

プロの人ってのは

別け隔てなく、接する事が出来るのだろうか?




オレは
また来年も小田原行くよ。

本物のお客さんの為に。

そこから喧伝されて行くモノだから。





クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ