whaplog

 

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:卓磨
 僕はムサビの図書館で、Roy Lichtenstein:das fruhwer,1942-1960という画集を見ました。
 ムサビ生ではなければ、どこでみられるかはちょっとわかりません。すみません・・・。
 映画は、実は最近あまり見ていません。しかも見たとしてもちょっと不発です。「飛べ!フェニックス」とか、「キートンの大列車強盗」は古くても面白い映画でした。
 理由なき殺人者を描いた映画、アメリカでは「羊たちの沈黙」日本では「CURE」そしてフランスではこんな感じかというのを見たければ「ロベルト・スッコ」。まぁそこまで面白くないけれど、フランス人が描くとこんな感じになるのねという感じで。悪くないところも少しだけあります。ちなみに監督はセドリック・カーンと言う「倦怠」という映画を作った人です。
 そんな感じかな。上映しているやつでは「ポーラエキスプレス」、見ることができれば今ストローブユイレの映画がやっています。
 とにかく正月は、スピルバーグの「ターミナル」と、とにかくトムハンクス。なんですかね。
 そんな感じでーす。 
投稿者:せきね
リキテンスタインの初期の作品は見た事がありません。コラムを読んで少し見てみたくなりました。どこに行けば見ることができますか。
あと、最近映画のコラムがあまりないですが、何かお薦めの映画はありますか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ