whaplog

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:石川
コメントありがとうございます。しかし、aさんの質問に答えることは、残念ながら僕にはできません。
すみません。20世紀、特に第二次世界大戦以後と以前では、アメリカとヨーロッパの影響関係というのは違いますと思いますが、この時期のアメリカ絵画を見てみると、ヨーロッパとの同時代的な感覚を多少感じられる作家もいますが、むしろヨーロッパの同時代性とはまったく切断されている、もしくは歴史が消失ているような表現をする作家もたくさんいます。たぶんアメリカで生まれ育ち、ヨーロッパ絵画をあまり見ることなく絵を学んだ人々かなと思うのですが、そういう歴史があるのも面白いと思っています。
藤枝晃雄編著の『アメリカの芸術―現代性を表現する USA GUIDE 』で、多少詳しく読むことができると思うので、興味があれば読んでみてください。
投稿者:a
石川さんはアメリカとフランス、またイギリスの美術の関わりについてどう考えておられますか。この2国はかつてアメリカを支配していたという歴史を持っているので。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ