whaplog

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:石川
ドラクロアのこの作品などに興味がある方は、マノエルド・オリヴェイラの「ノン、あるいは支配の空しい栄光」などをお勧めします。今も続く「ヨーロッパ」の意識というのが良くも悪くも色濃くわかる作品であり、ロマン派的な作品のバックグラウンドとしてみることもできると思います。つまり、侵略や敗北が、つまり帝国主義の夢と、衰退が「ヨーロッパ」をどのように作り上げ、どのような歴史意識をがあるのか。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0007TIQ7S/503-8213431-9486367?v=glance&n=561958
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ