whaplog

 

カレンダー

2020年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:石川
ほとんどの反芸術は、逆に芸術や美術、美術館などに依存した形で成立することがしばしばだけど、彼女なんかは、詩や言葉というある意味で正当な芸術の意識を芸術の外で展開しているように思えて。
日本にもそういう作家は何人かいるけど、結局美術の中に外のものを招き入れることも必要だけれど、どこかで美術が外にも出なきゃいけないということ、その可能性と必要性のほうがやはりあるような気がしてしまう。単にギャラリーの外で展示するということではなくて。
けどそれってある意味で野球の長嶋さんになるって事だから超難しいからどうすればいいのかわからないんですが。最近それを強く感じます。でも日本にはそういう作家が何人かいますね。
投稿者:okyabe
あと、今日、barbicanでやってたのも見に行った。そこは円形の建
物で対になって二つプロジェクションされていた。前回よりもずっと
スマートな感じがしたけれど、個人的には人が周りにいた方がより面
白く感じられた。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ