2020/7/26

タイニーゾーイ。。。。  THタックル製品

 


 今週末は諸事情で釣りに行けませんでしたが

 梅雨末期特有の大雨が降り続き

 それどころではない感じの週末で・・


 今日も朝から断続的に大雨が降り

 こちら地方では珍しく道路の冠水が

 あったり被害が出そうな雨になっています・・

 まだまだこれから降るそうなので

 該当する地域の方は充分に注意してくださいね!


 気になる西湖の様子も増水の影響か

 良い情報は少なく


 先週末出かけてきた状態が続いているそうで

 ちょっと今後が気になる展開だそうです。。。



 
クリックすると元のサイズで表示します


 先週末は小バス大会で終了でしたので

 更新はしませんでしたが

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 400〜700クラスがハードルアーで

 釣れ続けるのはある意味パラダイスかも?w




 

クリックすると元のサイズで表示します



 水温が低い状況が続き、

 流入水の冷えた水がボトムに入り

 全体的に魚が浮いていおり

 それに合わせた展開が求められております。。。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



 例年とは少し違う季節進行に

 戸惑いがちですが魚が居なくなったわけではないので
 
 これからの魚探しの展開が面白い予感もしますw

 



前の週よりも確実に広くなった桑留比川クルーズ。。。

 




 そんな感じの釣りの無い今週末でしたので

 少し遅れましたが

 先月THTさんからリリースされた

 タイニーゾーイのインプレを軽くしてみます。。。



クリックすると元のサイズで表示します



 タイニーゾーイ


   全長 61mm

   重量 8g+

   フローティング

   フック カルティバSTX−38NZ #6

   税抜き価格 ¥2500


 THTの超人気ルアーゾーイの

 超小型バージョンの登場です。。


 
 アクション的に兄貴同様I字形を謳っておりますが

 シンキングからフローティング。。。

 縦姿勢から横姿勢

 ブレードからホバリンペラと


 形は似ていても機能的な部分で言えば

 全くのブランニューとも言えなくもない

 変更となりました。。。



 クリックすると元のサイズで表示します


 フローティングですがリトリーブを始めると

 湾曲したボディの頭側が下方向への抵抗を出し

クリックすると元のサイズで表示します

 スピードやロッドティップの位置で

 水面直下から20センチくらいまでの潜行深度で

 ノーアクション系で進む設定になっています。。。


 気になるペラについては

 お馴染みのホバリンペラになりますが

 今回の設定はカップワッシャーを

 巻いている時の姿勢に対しての

 ペラの向きに対し斜め上にセットしており


クリックすると元のサイズで表示します

 
 ペラの振動がボディに伝わる&サウンド大きめ系の

 調整がされており


 これによりシリコンラバーが微妙に振動を起こし

 小さいボディの割には兄貴並みの集魚力になっています。。



 巻きの時に抵抗が大きいセットですが

 リトリーブを止めた時に頭上げの姿勢で

 浮上するので斜め上に向けられたラインアイが

 ペラに対し垂直になるので抵抗が減り、


 
クリックすると元のサイズで表示します
浮上時の進行方向とアイの角度が同じなので
回転抵抗が減り微速でもペラの反応が良くなっています。。



 リッピング程度の速度でもペラが回るという

 繊細な攻めも出来ます。。。



 この釣りでの注意点ですが

 スナップを使用するとリッピング時に

 垂れ下がりペラと干渉してしまい

 回転しなくなりますので、

 後で説明するシェイキングで使用する時も

 同様にペラの回転の部分に問題が出ますので

 直結での結束をお願いします。。。。




クリックすると元のサイズで表示します


 ボディの塗装に対しても

 ベースのギルのサイズが小さいために

 鱗が再現しにくいらしく、

 
 鱗をペイントで認識しやすいように

 手間をかけているそうで。。。


クリックすると元のサイズで表示します


 3Dでは表現出来ない立体感が

 微振動で泳ぎ続けるボディから

 不規則な光の反射を出すのに

 一役買っているはずですw




クリックすると元のサイズで表示します


 使い方に関しては

 先ほど申し上げたI字引やストップアンドゴーや

 シェイキングを入れたホバスト等で

 問題なく釣れますが


 西湖らしい使い方で申し訳ないですがw

 フローティングボディを利用した

 表層デッドベイト系の釣りにも

 抜群の集魚力がありますので

 ギルの多いフィールドで
 
 是非試して頂きたいです。。



 クリックすると元のサイズで表示します



 カラーリスト





クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/7/12

6月の大増水。。。。  西湖

 


 各地で被害を出した今回の大雨ですが

 ここ静岡県でもひどい雨が断続的に続き

 心配になりましたが

 こちら地方は意外と洪水に強く

 殆ど被害が無かったのが幸いでしたが

 九州地方の被害を見ていると今回の雨が

 いかに普通ではないのが痛感しています。。

 明日あたりからまた前線が接近するそうなので

 気を抜かずに対策してみたいと思います。。



 そんな大雨が続いたことで

 富士五湖界隈もかなり増水しているそうで。。

 今現在12日の21時時点で2.88と

 ほぼ3mを超えるのは時間の問題と思われます。。


 だいたい1時間に1センチ程度増えおり

クリックすると元のサイズで表示します

 ボートの移動も一日2回しないと追いつかないそうで

 暫くは車の駐車など不便な状況になると思いますので

 各ボート屋さんの指示に従い

 協力の方をお願いします。。。。




 そんな感じの西湖に久しぶりの金曜日の平日に

 出かけてきましたので報告します。。。。






 
 クリックすると元のサイズで表示します




 前情報通り浜はかなり狭くなっており

 昨年の秋の台風の時と同じくらいの水位でした。。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


 ご覧の通りに丸美桟橋ははるか沖になってしまいました。。


 朝の西湖ですが岸際は潮回りもあり

 ヘラの乗っ込み真っ只中で。。

 賑やかなショアラインでしたがバスの姿は

 殆ど見られず。。。


 クリックすると元のサイズで表示します


 出始めからまぁまぁ難しい

 6月恒例の増水の西湖の予感がw



 とりあえずボートを出すと思惑通りに

 水温も3週間前と変わらず19度台で

 流入の影響で水がひっくり返っているようで

 表層レベルの水質がかなり悪いように

 自分は感じましたね。。。。


 羽根物とクランクベイトのコンビで

 半時計周りで沖のフローティングストラクチャー

 に寄り道しながら釣りを始めましたが。。。



 魚の反応は見られず、

 コジラの岬周りでの表層系ミノーにも

 チェイスは皆無で。。。。。


 沖のワカサギに引っ張られているのかなぁ?

 なんて想像しながら、ダイラッカでディープフラットを

 探ると。。。





 


 クリックすると元のサイズで表示します


 初めてダイラッカで釣りましたw



 増水で姫さんは非常に活発で

 魚探で熱い映像をで楽しませてくれますよw



 やはりディープ界隈はターンの影響と

 それ程バスの回復が進んでいないのを

 踏まえると今の段階ではあまりお勧め出来ない

 感じを受けました。。。。


 かといってシャロー界隈もヘラの乗っ込みが

 盛んでバスの雰囲気も少ないので


 ウィード絡みに狙いを変更し。。。。

 フットボールで探ってみます。。。


 いまだに続いている流入ですが

 増水の時に現れる幻の川

 桑ルピ川にボートを突っ込んだ時に



桑ルピ川ジャングルツアーww

 水温が13度まで下がったのを考えると

 ブレイクライン辺りに伏流水が湧き出る

 4〜5mライン以下は水温がかなり低いようで

 かなりバスが浮いている感じがしましたね。。。


 特にウィードの上に浮いている(おそらくはエビ狙い)

 比較的やる気がある人たちが集まりやすいです。。



 


 クリックすると元のサイズで表示します
3m〜4m辺りのウィードの上部を通せるルアーを選ぶのが
良いかも。。




 そんな長崎のロックエリアに隣接する小規模なウィードエリアで

 明確なバイトがあり。。。。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


 53cm2500gが思惑通りに釣れてくれましたw


 ウィード絡みのフットボールですと

 1/4や3/8でスタックをさせないように

 するのが定番ですが、あえて5/8を使って

 リアクション気味に口を使わせるのが

 大型のバスを騙す肝だったりもします。。。


 数を釣りたいなら断然1/4辺りで丁寧に

 ウィードを探るのが正解だと思いますので

 その点は適材適所で使い分けるといいと思います。。




 その後はウィードの上をスピナべで探ると

 津原の3mラインのウィードで。。






 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します


 45センチが最大でしたが、

 40位のがポロポロと反応があり

クリックすると元のサイズで表示します

 ちょっとしたラッシュに入りましたw

クリックすると元のサイズで表示します



 だいたいこの日のパターンが比較的早い時間帯に

 掴めましたので

 後半戦は良い水を探しながら表層系の

 釣りをメインに踏ん張りましたが。。。


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


 どピーカンになったり。。。


クリックすると元のサイズで表示します


 5mの風が巻きながら大雨が降ったり。。。。


クリックすると元のサイズで表示します

 アワアワの表水面が行ったりきたりで

 エリアを絞り切れません(泣)


 クリックすると元のサイズで表示します



 残念ながら後半戦の表層チャレンジは失敗に終わりましたが

 時期的にそろそろ表層デットスティッキング系の釣りも

 終盤に入り、舞台は中層系へと移り始めているので

 これはこれで仕方がないですが。。。。


 気になるのはやはり低水温とこれからの増水で

 フィールドコンディションが例年とどう変わるのか

 今年のアーリーサマー以降の釣りに影響が出るのは

 間違いない訳で。。。。

 来週以降の釣行では湖上で頭を抱える事が多い予感がする

 週末でしたw







 
3

2020/6/28

THクローラーJr。。。。。  THタックル製品



 遅くなりましたが

 4月に発売されたTHタックルの人気クローラー

 THクローラーJrのインプレをしてみます。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 全長 92mm

 重量 28g

 マテリアル 硬質発砲素材




 全国的に人気らしいクローラーベイトですが

 普段自分が通っている西湖では

 使っているアングラーも殆ど見かける事もなく、

 投げ込んでいても誰もこの系統に関心が無くw

 話題にならない不人気ルアーの

 筆頭になってしまっておりますがw


 恐らくここ半年間一番投げたルアーと自認している

 自分でさえ

 昨年よりほぼ毎週テストを重ね

 魚を掛けてからインプレを書こうと思い

 必死になって釣りをしましたが

 いまだに魚を掛けられず・・・(泣)


 流石にこれ以上インプレを

 伸ばすわけにも行かないので・・・



 そんなネガティブな話題から入ってしまいましたが

 使い勝手や釣る為の機能的な部分には

 かなり力が入っており。。。



 アクション以上に重要なキャスタリビティに関して

 オリジナル同様軽量の発砲素材を用いておりますが

 オリジナルのノーウエイトに対しウエイトが追加されており


 比較的閉りずらいウィングも気にならないくらいの

 飛距離が出ます。。

クリックすると元のサイズで表示します
 

 自分も初めの一投目に余りの飛び方に

 サミングが間に合わず・・・・

 溶岩にぶつけてしまったのはここだけの話w


 これは沖のブイ撃ちの時に距離を置けるのと

 おかっぱりで使用する時向かい風に対しても

 強いのでかなりのアドバンテージになります。。


 これだけでも使う側にとっては嬉しいのですが


 羽根物の悩みどころとしてウィングの調整という

 ちょいと繊細な部分がありましたが

 従来はウイングの開き具合をヒートンで調整しておりましたが

 これが意外と使っているうちにズレたりして

 気になるところでしたが

 Jrに関してはネジにパイプをインサートして

 開いたウィングを受ける構造になっており。。


クリックすると元のサイズで表示します

 ヒートンによる調整からは解放されましたw


 調整に関しては巻いてロールした時に

 羽根が高く上がる方を軽く手で広げて

 もし広げ過ぎたら軽く手で閉めてやる事で

 簡単に調整出来るのは素材的に強靭な

 ジュラルミンを用いており、それにより

 ウイングが折れるなんて心配もないと思います。。





 クリックすると元のサイズで表示します



 羽根の取り付けに関しては

 オリジナルは左右のウィングを貫通した

 ワイヤーで固定する事で壊れやすい

 クローラー専用の超軽量硬質発砲素材に

 対応しておりましたが

 Jrは土台にて剛性を出す方式に変更しており

 ウエイトも追加され

 重量的に厳しそうな気もしましたが

 やはり超軽量発砲素材の浮力は

 こんな部分にもメリットになっているようです。


 フィールドテストでもこの部分を重点を置きましたが

 ボディの破損やネジの増し締めさえも行う事なく

 軽量硬質発砲素材の

 耐久性に関しては殆ど気にする事はないと思います。。




 クリックすると元のサイズで表示します



 気になるアクションに関しては

 簡単に言うと超デットスロー領域から

 高速域までスピードレンジを問わない。。。


 あたり前的なモノは当然なわけでw



 
 アングラー側のストレスを解消するべく

 まずは荒れた中で遠目でも見やすくなるよう

 スロー領域ではウィングを高く上げる

 ワイドなピッチ寄りのセットになっており

 西湖の沖ブイで波が高い時など

 非常に見やすいです。。


 それを下回る超デッドスロー領域では

 着水姿勢が立ち気味にセットされており


クリックすると元のサイズで表示します
   Jr




クリックすると元のサイズで表示します
     オリジナル




 この姿勢でピクピクアクションを行なう事で

 下から食いあげるフッキングに関して有利になり

 (魚を掛けていませんが物理的にねw)

 スロー領域で多発する甘噛み対策にも

 有利なのと、


 着水から巻き始めのライントラブルに関しても

 ウィングが水の中になるのでラインを拾う事もなく

 巻き始めの立ち上がり良さとトラブルが非常に少ないのが

 一投が大事なこの釣りには嬉しいトコロですw



 クリックすると元のサイズで表示します



 重めのウエイトで喫水が低く

 ボディの2/3は沈んでいるのと

 立ち気味の姿勢がスピードを上げていくと

 水平方向になる事で

 姿勢を戻そうとする事により

 比較的巻き抵抗が強く

 低速域からウォブル寄りのアクション特性に
 
 寄っているので手元に来るブルブル感が

 スロー領域から得られるのは

 薄暗い朝夕マズメ時にはいいかと思います。。




 残念ながら自分の通うフィールド特性では

 イマイチ出し所が無いのが事実の

 カテゴリーですが(泣)。。。。

 (メーカー側の人間が言うなよと言われそうですが

  これがリアルな西湖の姿ですw

  表層領域に挑戦する

  新しいメーカーさん達も苦労しているし・・)

 


 全行的な人気を見るとほかのフィールドでは

 爆発的な威力があるに間違いない訳で

 他メーカーの自分のコレクションと比べても

 ほぼ全ての部分で競争力を備えている

 THクローラーJr。。。。


 もし一つだけクローラーを

 初めてのフィールドに持っていく条件下なら

 間違いなくお勧めできる

 仕上がりになっておりますので

 気になる方は是非使ってみてくださいね!





 

 

 


 


 
4

2020/6/21

ポストスポーン狙いの表層。。  西湖
 



 先週末は涼しめの雨の日が続き

 釣りや季節に関しては進行的に

 スローダウンした感がありますが

 金曜日に移動自粛が解除され

 外界は水中に比べて各地で賑やかな

 週末となったようですw


 そんな観光地の西湖の土曜日に

 出かけてきましたので

 報告です。。。。








 クリックすると元のサイズで表示します




 やはり自粛解除の影響で

 多くのアングラーが訪れ。。

 ご無沙汰の皆さんとの再会で

 久しぶりのトークに盛り上がる朝でしたが


 相変わらず涼しい陽気は

 先週末より続いていたようで

 清々しい陽気でしたね。。。。



 


 クリックすると元のサイズで表示します



 涼しい陽気で心配された水質に関しては

 ここ1か月間稼働している東電ポンプの

 影響でだいぶ改善されているようで

 2度めの解禁から

 最も水質が良い感じがしましたね。。



クリックすると元のサイズで表示します



 とりあえずボートを出すと

 水温も19度台と先週末と変わらず

 ディープフラットのワカサギも依然として
 
 多い傾向が続いており。。。。


 7〜8月のディープの宙層パターンに

 今からワクワクしてしまいますが。。。。


 今の釣りが攻略出来なきゃ

 次が進めないって事でw


 アフター寄りの

 沖のフローティングストラクチャー系の

 トップウォーターをTHクローラJrと

 ドビュッシー

 ハマワイザーで回りましたが、


 THクローラーjrで2回のチェイスを得るも

 釣るまでは行かず、

 シチュエーション的にも

 アフターの割合は少なく

 ポスト期からイマイチ

 進みきれていなようです。。。



 クリックすると元のサイズで表示します


 少ない魚を多くのアングラーと

 分け合えば魚に触れる確率は

 おのずと下がるわけでw



 狙いをポスト系のシャローレンジの

 ウィード絡みにチェンジしてみました。。。



 とりあえずウィードの豊富な長崎の

 西側に入りましたが、ベッドも多く

 浅いレンジを回遊するオイカワに吊られる

 小バスの姿も見られて先週末よりは

 生命感が溢れるシャロー界隈でしたが


 ウィードのアウトサイドの3mレンジに

 餌を探している感じの魚がいたので

 スモラバで試しましたが

 イマイチな反応なので、

 グリマーでウィードに引っ掛けての

 延々シェイクに変えたところ

 反応があり。。。。





クリックすると元のサイズで表示します


 1300位でしたが綺麗な魚が釣れました。。



 先週末はスモラバのフォールに

 反応がありましたが
 
 餌が変わったのかな?。。。


 とりあえずウノクボの

 ウィードのアウトサイドでも

 同パターンで反応があり。。。





 クリックすると元のサイズで表示します



 今日は釣れなくなったら

 ウィードでグリマーシェイク

 と決めてw



 バンク沿いを巻物で流していきましたが

 翌日のショップさんの

 大会のプラクティクスの

 方が多かったので

 飛ばして津原のウィードエリアで

 ルアーを弄っていたら

 トーナメントプラの阿部ちゃんが

 ウィードのところに

 バスが居ると教えてくれたのでw


 アウトサイドをグリマー7で攻めると。。。。

 



クリックすると元のサイズで表示します



 プチラッシュに入りましたw


クリックすると元のサイズで表示します


 よく見るとウィードのアウトサイドに

 3〜5センチくらいの小魚が

 たくさん泳いでいたので

 光モノに反応が出ているようです。。。





クリックすると元のサイズで表示します



 1300〜1600位の魚が

 このエリアだけで

 4つ程出ましたので

 流石におなかが一杯になりw

 後半は課題の表層系一本に絞り。。。。


 ポスト系の表層パターンの攻略に

 向かいました。。。




 感じ的にやはりスポーニングエリアから離れた

 沖は少数派とイメージして

 出来るだけ岸に近いベイトが

流されるであろう

 ウィンディサイドに狙いを絞り


 コジラの湾奥のウィンディサイドで。。。



 クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

 ルアーは野尻湖の吉野家SPLですw


 沖もチェックしながらでしたが

 やはりそちらはチェイスは皆無で。。。。



 この後もブレイク付近で

 バイトがありましたが

 生憎電話中で・・・

 合わせられないという失態w



 クリックすると元のサイズで表示します


 この後もエリアを転々として表層系を

 試しましたが、スーパーロコさんたちも

 苦労する表層界隈の今の現実ですので。。。。



 安定の苦戦が続きましたが、

 白浜のウィンディサイドに

 少しクリアアップした水域が

 ありましたので

 少し粘っていたら。。。。






クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


 ウィンディサイド+スポーニングエリア付近の

 黄金のフレーズは数少ないポスト期の

 表層系と出会える確率を

 上げてくれたようですねw


 この時期の表層系は比較的

 オカッパリでイージーに釣れていますが

 やはりスポーニングエリアから近い岸際に

 プレッシャーをかけないで釣りが出来るので

 今の時期にとりあえず表層で

 手軽に釣りたいならば

 オカッパリもおススメしておきますw



 この後、フッキングについて知り合いの方と

 話していたら長崎でバイトがあり。。。

 カッコつけすぎたか

 ちょっとフッキングに

 力を入れすぎw

 痛恨のラインブレイクを食らい((´;ω;`)


 終了となりました。。。。




 先週末の底を打った状況からかなり

 上向いてきました昨日でしたが

 ルアーチョイスがイージーな

 アフター系に関しては

 いまだに割合は少数派で。。。

 釣る楽しみに関しては

 半減されてしまっているのが

 今の西湖ですが、

 やはり探す楽しみを求めるならば

 しんどいですが釣れた時の嬉しさが  

 大きい今のタイミングも

 捨てがたいですねw。。


 。。といっても


 やっぱり大型のトップウォーターや

 スピナーベイトなんかの

 釣りが恋しくなっちゃうんだよねw…



 そんないよいよなタイミングでしたが

 来週再来週は私用が出来てしまい

 半月間西湖を空ける事に(泣)

 とりあえず復帰予定の7月中旬は

 そんな釣り全開の

 陽気になるはずですのでw

 スピナーベイトとトップ系の

 コレクションをこそこそと

 磨いておきますw





 



 
6

2020/6/14

梅雨の山上湖。。。。  西湖


 いよいよ梅雨入りしました

 ここ東海地方ですが

 その最初の週末の西湖に出かけてきましたので

 報告です。。。




 クリックすると元のサイズで表示します


 梅雨時期になるとトップでばこばことか

 巻きモンでいい思いをしたとか

 良いイメージを持たれる方は多いかと思いますが

 こと山上湖をメインとする自分的には

 意外とネガティブなイメージを思い出すことが多く。。


 もちろんそれを逆手にとった釣り方なんかも

 ありますが、
 
 季節の進行上魚がスローにならざるを得ない

 タイミングと下界との季節感のズレが

 悪い方にハマる事が意外と多く。。。。


 この時期にノーフッシュを食らうのも

 珍しくなかったりもしますw



クリックすると元のサイズで表示します



 そんな梅雨入りの朝の西湖ですが

 気温は15度とひんやりとした雨に

 気持ちが良い陽気でしたが。。。


 北東の風が恐らくは15度の雨の水温が

 20度ほどの今の西湖の水温を

 かき混ぜた事は容易に想像出来るわけでw


クリックすると元のサイズで表示します


 笹濁りのアワアワのまぁまぁ表層系レベルの

 話だとちょいとしんどい展開でしたね。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 THクローラーJrで

 フローティングストラクチャー絡みを

 丁寧に打ちましたが

 オオジラのロックエリアとその沖ロープで

 2バイトを得ましたが

 魚に力が無い感じがしました。。



 その後は多少風が出てきましたので

 表層系で試しましたが、駒角で小型のバスの

 チェイスが多発してw

 しばし癒しの時間を楽しんでいましたが

 肝心の大型の魚の反応は

 巻いた風に行ったり来たりの宜しくない

 水に翻弄されるばかりでした(汗)



 そんな感じで午前中は

 魚に触る事が出来ませんでしたので

 エリアを悪い水を多少でも

 ブロックできるであろう

 ウィードエリアに変えて、

 タイニーゾーイのI字引きで

 試してみました。。。。


 向浜ではやはり思惑通りに
 
 小バスとギルのチェイスが多発し。。

 乗り切らないバイトを楽しんでいましたがw


 長崎のウィードエリアで小さいけど

 タイニーゾーイの入魂が出来ましたw


クリックすると元のサイズで表示します



 先週末は表層放置系でもバイトがありましたが

 巻いてもホバリンペラと

 超リアルボディと食べごろサイズで

 ウィードエリアの

 人気者になりそうな予感がしますw



 その後は雨脚も強くなり個人的に

 先週末から気になったディープのワカサギ&ヒメマス

 に引っ張られた系のアフター君の

 フットボールパターンが気になりましたが

 昨年同時期にフットボールでサクサク釣ったら

 季節感が無いとお叱りを受けましたのでw


 6月下旬以降のお楽しみにしておきましたw




 クリックすると元のサイズで表示します



 そんな感じで表層系に固執しながら
 
 ポイントをさまよっておりましたが

 南東の風に固定され始め

 表層を漂うアワアワが次第にクリアアップされ

 降雨により活性があがったヘラがそこらじゅうで

 もじるコジラの鼻付近にレンジを上げて回遊する

 個体を発見し

 色々な具を短いタイミングでローテーションして

 試しましたが、

 風が止んだタイミングでレンジを上げますが

 風が無いとやはりルアーを見切りやすくなり

 チェイスや寸止めで終わり。。。。


 水温を下げる北東の風が吹くとレンジを

 下げ始めるという。。。

 まぁまぁしんどい展開に打つ手なしのシチュエーションにw




 

 クリックすると元のサイズで表示します




 とりあえずお題の表層系の攻略に

 頭を抱えつつエリアを流しながら

 ヒラーで餌を探しているラッキーフィッシュ君を

 自作の表層系ルアーで何とかゲット出来たのが

 ラッキーな週末になってしまいましたw



クリックすると元のサイズで表示します



 事前の予想通りの展開になってしまいましたが

 やはり昨年同様に見切りをつけて

 次の展開に移った方がいいかな?なんて思い始めましたが

 非効率を楽しむいわゆる

 簡単な事を難しくして無駄を楽しむのも

 新しい発見に近づける一歩だと勝手に

 思ったりしておりますのでw

 釣果オーライな結果に

 ならなくて申し訳なかったりもしますが。。


 もうしばらく表層の釣りで

 梅雨時の西湖を楽しませてくださいw

 


(たらればで今の状況で

 トーナメントで効率的に勝ちたければ

 スポーニング絡みをサイトで狙うのが
 
 (すげー難しいけどね)

 結果的に今の西湖は正解だと思いますw)




4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ