2019/4/2

ちょっと今年は(も)違うぞ。。。  西湖


 久しぶりの更新になりましたね。。

 実は解禁以来毎週浮いておりましたが

 魚からの反応は皆無で。。。。


 恐らくはベイトタックルメインのシャローゲームに

 固執しすぎて完全にパターンを見失い。。。。


 アップするネタも無く更新が滞っていた次第ですw


 そんな感じの厳しい今年の3月の西湖ですが

 魚のレンジは若干上向いていますが

 昨年同様ワカサギのレンジが深くて

 自分が浮いた日には風下のシャローへの

 流入は見えず、ワカサギに対する

 季節の進行が遅れている感じがします。。。


 その代りに放流も手伝って

 レンジの浅いヒメマスは目視できる程
 
 豊富で。。。。。

 それに反応せざるを得ない個体も多く、

 ダブルクラッチ75で反応が無かったのに

 パー10やルドラクラスにチェイスが出たなんて

 他のアングラーとの共通の認識もあったりして

 ミドル〜シャローレンジの魚は

 ヒメマスに引っ張られている感じがしました。。。。



 それらを踏まえ先週の土曜日の30日に

 出かけてきましたので報告です。。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 朝の気温は-1度と冷え込みはそれ程でもありませんでしたが

 風が冷たい朝になりました。。


 気になる減水は更に進み

 この時期としては過去にないくらいの

 減水だそうです。。。。



 水温は先週よりも1度程度下がり・・・

 6度台前半と足踏み状態でした。。。。



 クリックすると元のサイズで表示します



 とりあえず熔岩帯の石切り方面から入り

 風も無かったのでパー10のポンプとi字引きで

 流し始めましたが、反応は皆無で。。。

 相変わらずの状況にヘラブナのパターンも試してみましたが

 レンジが深い上にサイドイメージで見ても密集度が低く

 風に流されて風下に固まる状況でもなく




クリックすると元のサイズで表示します



 ワカサギの存在がこの時期にいかに大切か

 思い知る事にw



クリックすると元のサイズで表示します



 ディープのボトストやシューティングも気になりますが


クリックすると元のサイズで表示します


 スポーニングに絡むファーストコンタクトに差すタイミングまで

 その系はお預けにしておきますw



 とりあえずヒメマスを探していると

 (ユスリカがたくさんいるところw)


 東風の風裏のモウトドの鼻からヒラーで

 ヒメマスがユスリカハッチに吊られ

 泳ぐ後ろにバスがチェイスしている

 シチュエーションに遭遇しましたが


 水温が低いせいか泳ぐスピードに力強さは無く

 バス的にもこの水温は厳しいようです。。。



 昼前まで吹いていた東風が急に西風に変わり

 岬周りの反転流に放流ヒメマスが

 流されているんじゃないかと、

 風も強くなり始めたのでナデル155のクランキングに

 変えてみたところ長崎の反転流で。。。。




 
 

 クリックすると元のサイズで表示します



 50には遥か届きませんでしたが

 1750gの良い魚でした。。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 限りないデットスローでもちゃんと動く

 ナデル155は一度潜航深度まで潜らせてから

 ゆっくり巻くのがこの時期のヒメマスパターンの

 必殺パターンです。。。。


 今時期は風が強く吹いた時にはタイトに付くので

 障害物に絡めるのもアリで

 この魚も長崎の3メートルの水深にブレイクにはみ出た

 岩にぶつけた時にバイトがありました。。。



 この後もこのパターンを試したかったのですが

 生憎ロッドを折ってしまい。。。


 再現性は得られませんでしたが、

 ヒメマスの放流後間もないタイミングでの

 この釣りは一つのパターンでしょうね。。。





クリックすると元のサイズで表示します



 その後は14時ころから強風が爆風になり。。。

 釣りにならずに早めの帰着となりました。。。


クリックすると元のサイズで表示します
風裏に避難の図w


 

 そんな感じの先週末の西湖でしたが

 今週に入ってから魚に動きがあったようで

 景気の良い話題がどこそこから入ってまいりましたw



 3月は強い釣りに終始したためその反動ではありませんが

 ちょっとフィネスな釣りが気になりはじめました。。



 西湖の殆どのアングラーが表層系に向かうと思われますが

 その系はその系のスペシャリストさんに任せて

 スポーニング絡みの動きを

 フローティングストラクチャーから

 ボトム系ストラクチャーに置き換えて

 春っぽい魚を探してみる事にします。。。。
4

2019/3/4

2019 西湖解禁。。。。  西湖




 いよいよ西湖も解禁となりましたね!

 今年の冬は暖冬傾向で

 どこのフィールドも季節の進行が顕著らしく

 例年よりは少し期待できそうな解禁日と翌日の2日間

 湖上に出てみましたので軽く報告です。。。



クリックすると元のサイズで表示します



 生憎の空の模様となってしまいましたが

 寒さはそれ程でもなく、レインウエアで終日過ごせる

 暖かい雨となりました。。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 暖冬という事で今年は雪が殆ど降らなかったらしく

 湖はかなり減水し、一昨年の大減水の時よりも

 減っている感じがします(汗)


クリックすると元のサイズで表示します


 湖上はユスリカのハッチがそこらじゅうで見られ

 吊られたヒメマスが浅いレンジを回遊し

 季節の進行がはやい事はこの時点でも感じられましたね。。





クリックすると元のサイズで表示します



 水温は溶岩帯を中心に5度台と例年通りでしたが

 気圧の低下のせいか魚のポジションが

 かなりうわずっていたので、石切りの東端の

 溶岩帯のスタート地点からパー10のポンプリトリーブと

 ジョイントパパゾーイのI字引きでチェックを始めました。。





 クリックすると元のサイズで表示します




 溶岩帯にはこのような泡の帯が見られ

 ワカサギの動きにも大きな変化があったような雰囲気ですが

 ワカサギのレンジ自体はボトム付近がメインでしたね。。。


 ボートを進めると石切りのスポットでバスらしい影が

 映ったのでボークジグヘッドにチェンジし

 5m付近をスイミングさせていたところ

 抑え込まれるようなバイトがあり

 やり取りをしていましたが、ボートの下1m位で

 何故かバレテしましました・・・・・



 恐らくは5度台の水温でバイトしても反転する力も無く

 この時期の少し送り込んで反転させる余裕を持たせる

 アワセを心掛けなかったのが原因だったようです。。。



 ラインスラッグが出るくらいウエイトを落とし

 ラインテンションで違和感を与えずに

 反転させるセットがこの時期には

 向いているので試してみて下さい。。。。



 クリックすると元のサイズで表示します


 そんな感じで越冬エリアのディープフラットや

 ウィンディサイドなどをチェックしてみましたが

 シューティングで魚のチェイスは何度か得ましたが

 バイトまでは得られず。。。。



 ジョイントパパゾーイでエゴで2回ほど

 チェイスを得るのみでしたが


 減水のせいかヘラのボールが

 沖に点在しのどっ首の辺りでは

 既にヘラの中にバスが居たりして

 水温は低くとも魚のポジションは

 かなり早い段階を辿っているようです。。。


 とりあえずヨロピクでチェックをしましたが

 チェイスはあるものの

 水面を割るまでの勢いはまだ無かったようです。。。



 そんな感じで一日目は魚を手にすることは

 出来ませんでしたが、一日湖上に出て感じたのは

 浅いレンジにはいまだにワカサギの雰囲気は薄く

 どちらかというとヒメマスを意識しているような

 この時期の定番の状況であるのと

 バスの動きが速く、水温の割に水の中は

 意外と快適なようで、サイトフィッシングをするには

 ちょっと難易度が高い感じが(汗)



 そんな状況を踏まえ2日目に入りました。。。。




 クリックすると元のサイズで表示します




 この日は朝から快晴で、放射冷却のせいで

 冷え込んで−3度とらしい朝となりました。。。。


クリックすると元のサイズで表示します


 宵のうちに降った雨が凍りつき

 解氷に手間取りましたが何とかスタート。。。




クリックすると元のサイズで表示します



 朝から穏やかな空模様となりましたが

 水の中は昨日とは逆に魚の動きは少なく


 気圧の上昇でサスペンドしている魚の姿もほとんど皆無で。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 魚探の映像も寂しい感じがしました・・・・



 とりあえず沈み込んだ魚をジグヘッドのボトストと

 メタルバイブで探りましたが反応を得られる事は無く。。


クリックすると元のサイズで表示します


 午前中は完全に見失う事となりました。。。。


 しかし午後になると風の風軸が南西からに決まりはじめ。。


 東岸のウィンディーサイドが気になる状況になったため

 公魚のストックが多かった漁協の沖から

クリックすると元のサイズで表示します

 供給されるであろう風下の駒角で

 待ち構えておりましたが


 ブレイクラインに多数のバスを確認するも

 バイトまでは行かず。。


 パパゾーイに一度だけチェイスがあっただけで

 ちょっと手が出ない感じでしたね。。。

クリックすると元のサイズで表示します

 とりあえず西風は吹き続けていたので

 東岸のドン付きの向浜に入ると
クリックすると元のサイズで表示します

 水温が7度台とかなり上昇しており

 同時期だと西風が入ると

 水温が下がる傾向があったのですが

 今年は暖冬で湖がそれ程冷やされなかったのと

 雪代の流れ込みが皆無なのも手伝い

 本湖自体の水温が高かったのではないかと

 推測してみましたが、やはり水温は帰着時間まで

 上がり続けていたのでこの傾向は大規模な雪代が

 流れ込まない限り続く感じがします

 ということで今年の3月は

 少し期待が持てそう。。。。。かなw?

 なんて予測を建ててみますw


クリックすると元のサイズで表示します



 そんな感じで話を釣りに戻すと

 例年だと7度になれば表層も普通に出るし

 シャロー側に流入するバスの姿も確認出来ましたので

 ミノー関係を試しましたが反応は無く


 やはりメインベイトはヒメマスかななんて

 友人と話をしていたらビックベイトで何回か

 バイトがあったらしく、

 ついには54p!のバスを友人が

 ゲットさせておりましたので

 自分も昨日から反応が良かった

 パパゾーイを試してみたら

 ちょっとサイズはアレでしたがw


クリックすると元のサイズで表示します


 嬉しい初バスを冬の間使い込んでいた

 ジョイントパパゾーイでゲット出来ました。。。


クリックすると元のサイズで表示します


 ヒメマス狙いのバスが

 何故ギルに反応するのかはいまだ謎ですがw

 この水温で使ったり釣ったのは初めてでしたので

 ちょっとびっくりしましたw



クリックすると元のサイズで表示します


 後日インプレでもしてみますので

 期待しないでお待ちください。。。。。




 とりあえず初バスも無事にゲットできたので

 目的が達成ということで

 解禁日を終えてきましたが


 季節の進行の速さでポジティブな話題も多い

 今年の西湖ですが、一方で気になるのが

 春に例を見ない程の減水で。。。。


 ブレイク上のショアラインが浅すぎて

 釣りをする上でちょっと現実的ではない

 エリアが多く見られる事ですかね。。。。


 この辺りはスポーニングにも

 かなり影響する部分ですので

 4月辺りの釣りがちょっと心配だったりも。。。


 ちょっと例年とは違う今年の春の西湖

 アジャストという部分ではやりがいがありそうですので

 皆さんふるって魚と西湖との知恵比べにご参加くださいねw




5

2019/1/27

ゾーイクローラー。。。  THタックル製品


 気が付けば年が明けてもう一か月。。。


 個人的な所要でバタつく日々で

 釣りからは遠ざかっておりましたが

 早いもので西湖解禁まであと一か月となり

 そろそろ釣りモードに切り替えないと

 心身共々マズいのでw


 手始めに昨年リリースされたTHTさんの

 クローラーベイト、ゾーイクローラーの

 インプレでもしてみますw



クリックすると元のサイズで表示します
サンプリングモデルの為に製品とは若干異なる部分がありますのでご了承ください

 全長 110mm

 重量 1.5OZ

 素材 硬質発泡素材




 一匹釣ってから記事にしたいと思いましたが

 リリース時期が10月というのと

 昨年の西湖がディープのベイトに引っ張られる傾向が

 強くストラクチャーに依存する個体のレンジも低いために

 大苦戦してしまい(汗)結局魚をゲット出来ず(泣)

 なかなかアップ出来ませんでしたが


 他のクローラーベイトでも釣れなかったのでw

 この系のルアーには

 昨年の状況にはアジャストしていなかったのでしょう。。。




 という事で言い訳はこの位にしてw

 

クリックすると元のサイズで表示します

 クローラーベイトとしては今までなかった

 フラットなボディに目が引かれますが


 ロール方向に面が広い為に動き出しの

 抵抗がスィートフィッシュクローラーの細長系の

 ボディと比べ不利になりますが


 これに対しては若干ウィングの

 センターバランスを崩してあり、

 最初の一かきに対しての反応はかなり

 良好で超デットスローリトリーブ性能に関しては

 スィートフィッシュクローラーよりも

 個人的には良好な感じを受けました。。。。


 そうなると気になるのはバランスを崩して

 ちゃんと泳ぐのかという心配ですが

 それも杞憂に終わり
 
 センターバランスを崩しても

 真っ直ぐ泳いでくるのに作り手側の

 セッティングの苦労が垣間見えますww



 ウィングのガタツキは少ないのも

 一かき目のレスポンスに寄与しているようで

 金属系のサウンドを期待してしまうと

 若干寂しいですが。。。


 この魅力的だけどクロールさせるのに不利な

 フラットボディをあれだけアクションさせているんだしw


 仕方ない所ですね。。。。



 その代りになるのかはわかりませんが

 と言ってはなんですけど

 サウンドに関してはスィートと同様

 水を叩くポトポト音が出るような

 セットがされております。。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 ウィングの広がりは180度もあるのと

 幅広いボディでスィートと比べると

 スローリトリーブ領域以上のスピードになると

 全幅が広い為にアクション的にはスローピッチで
 
 ストロークが長い動きが基本となり


 アングラー側から見るとウィングを高く上げるので

 視野性が良好なのは荒れた湖面だと

 アドバンテージがあります。。。。



 水押しに関してはスィートと同様

 他のクローラーと比べるとかなり巻き抵抗がある

 部類で個人的に外す事の出来ないアベンタRSのように

 風に流されたラインスラッグでもアクションするような

 軽い感じではなく


 アングラーとルアーのラインが一直線になる感じの

 水押し感は独特ですが、

 ストラクチャーに絡めたい時などは

 ラインの処理がしやすいのでエリアでの使い分けも

 楽しめるはずです。。。。



 個人的にもこの系のルアーの使い手さん目線でも

 気になるのは

 着水後の姿勢復元ですが。。。。

 幅広いボディによるスローピッチという事で

 着水後の姿勢の復元に関しても同様で

 スィートと比べると

 どうしてもゆっくりとなってしまうのが

 欠点ですが。。。



クリックすると元のサイズで表示します



 サミングで姿勢を整えて

 着水後一呼吸置いてリトリーブしてやれば

 ラインを拾う事もありませんので

 ライントラブルが気になる方は試してみて下さい。。。




 クリックすると元のサイズで表示します


 クリックすると元のサイズで表示します



 実釣に関しては10月から12月まで投げ込んでみましたが

 魚のレンジが深かったので移動距離を抑えた


 クロールアクションする前のピクピク系の

 超デットスローリトリーブでのチェイスが

 他のクローラーベイトと比べると飛びぬけており


 リアルボディがデットスロー領域では

 かなり効果が出ている感じを受けました。。。


 特に見える部分に頼りがちなフィールドでのテストでしたので

 一概には言えませんが、例えば

 クリアウォーターの中層系を時間をかけて浮かせて

 最後のバイトまで取りたいシチュエーションというのは

 意外とありそうですので、

 今年の春過ぎにはきっと活躍してくれそうすよ。。。

 

 

 

 
1

2019/1/1

2019 謹賀新年 明けましておめでとうございます。  生活



 クリックすると元のサイズで表示します


 謹賀新年、明けましておめでとうございます。

 本年も宜しくお願いします。



 毎年恒例の箱根神社での

 年越し行事に出掛けて参りましたが

 昨年の大混雑とは打って代わり
 
 道も人もがら空きでした。。

 

 





0

2018/12/31

2018年 本年もありがとうございました  生活

 クリックすると元のサイズで表示します



 2018年もあと残すところわずかとなりましたね。。


 今年は29日まで仕事で大晦日まで

 2日というタイトスケジュールで(汗)

 いまだに大掃除が済んでおらず

 朝からバタバタしておりましたが

 突然降り出した雨により戦意喪失しw


 ブログ更新となりました。。。


 本当は年内に28日の釣り納めの様子や

 新作のインプレなど済ませておきたかったのですが

 そちらも年明けという事でご了承くださいw



 そんな感じで今年もほぼ西湖の釣行記と

 なってしまいましたが、

 読者の方々から釣りに関するノウハウなんかも

 載せてくれませんか的な要望もありましたが

 (自分的には他のバスプロさんや釣りウマさん達の

 ブログを見た方がよっぽど為になると思いますがw)


 あくまでも答え合わせは

 フィールドにある遊びだと思っておりますので

 釣りに行きたくなる又は試したくなる

 きっかけ作りまでが僕の仕事だと思います。。。

 

 まずは自分自身でフィールドへ出まくり

 魚に触ったり失敗したり。。。。

 それらから得られた感覚で

 パズルを組み合わせた結果は

 誰とのアプローチとも違う

 ご自身の経験値や財産となり

 次のステージに向かう事が

 出来るんじゃないかなぁなんて

 思ったりもしていますw

 




 そんな感じでフィールドの報告以外にも

 来年は少し踏み込んで

 読んだらフィールドに出かけたくなるようなw

 自分的な考え方なんかも

 書けたらなぁと思いますので

 またくだらない事書いてらぁ程度にw

 来年も気軽にご購読されて頂ければ幸いです。。。



 
 そんな感じで2018年もあとわずか

 良いお年をお過ごしください。。。。







 
 


 
6


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ