*******BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております******* **********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。*********

痛車を知らなかった・・・

2011/5/21 | 投稿者: 沼田/クラ

先日、久しぶりに「エイトのS夫婦」が来られ、長話をする事に・・・おっ、その節は美味しいをありがとうございました、その話の中でイタ車、イタ車と単語が出るのでイタリア車の略語かと思っていたが、違っていた。
痛車と書いて、見ていて痛々しい車という意味が込められた俗語だそうだ、「へー、そんなに痛々しいんなら、ガタガタのボロボロのペチャンコのポンコツ車なん・・・?」事故でもした車を乗っているのが痛車と思ったら、また違った!!
皆さん、痛車で検索したら沢山出てきます・・・知らんかった!!

'90年代に任天堂のスーパーファミコンが発売され、'91年頃にバブルの終焉、'97年に初代プリウス発売、'90年後半にはSCEのプレイステーション、ゲーム世代のこんな世の中で育った若者達が実際にクルマを乗り始めてドレスアップを始める、この時代背景や画面、画像の中での車文化がこんな痛車なるカテゴリーを作ったのか?私たちが接したクルマ社会は、改造しようにも部品はなく自作が多かった時代、お金さえあれば車は豪華になり、速くなった時代、初めから豪華で速くなった車を買う時代、今では低価格志向の素うどんならぬ素クルマ時代、そろそろ掃除機やテレビを買うように、電気自動車をインターネットで買うんでしょうね。

痛車を知らんかった・・・昭和の店「沼田タイヤ」です。



タイヤ専門店「沼田タイヤ」
タグ: 痛車 イタ車 萌車



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ