*******BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております******* 平成から令和へ、平成31年4月28日〜令和元年5月6日まで店休日と致します。(4月27日は機械工具メンテナンス、商談はOKです)

バイアスとラジアル、昔噺(ばなし)〜

2019/3/19 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します二輪に関しては、あまり詳しくないが、D社のTT100だけは良く耳にする、開発されたのは1960年代後半で未だにバイアス構造、初代モンキーの8インチタイヤの設定もある、ラジアル構造のNEWタイヤも発売らしい。


二輪の想い出、初めて自分で稼いで買った50ccのホンダ・ダックス、この純正タイヤが確か400-10でバイアスだった?

当時の四輪軽車輛は480-10(バイアス)に135SR10(ラジアル)、520-10(バイアス)に145SR10(ラジアル)を装着していた、合わせホイールでチューブ・タイプが多く、手作業に苦労した記憶がある

乗用車はバイアスからラジアルに換えると劇的に変わるハンドリング、そんな時代背景、二輪はバイアスの時代。

B社に入社した間もない頃はバイクの所有しかなく、ラジアルを体感するには、そのダックスの前輪400-10に135SR10を装着するしかなかった!

今考えると、四輪タイヤを二輪タイヤで使うとは、なんと無謀な・・・

結果は、真っ直ぐは進むが、曲がれなかったTдT苦い記憶がある。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ