*******BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております******* **********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。**********

「低燃費タイヤの実力は?その5」

2010/4/18 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します
補足ですが、上の画像は左がEC202(約450Km走行)、右がEX10(約380Km走行)の前輪2本です、タイヤのサイズは違いますがFF車では後輪より前輪の方がタイヤに加わる負担は大きくなります、特に外側は(だからローテーションは忘れずに!!)
クリックすると元のサイズで表示します左の画像はダンロップEC202(上画像左)の拡大です、少し見ずらいですが表面はざらざらになっています、低燃費タイヤの特徴でしょうか、タイヤサイズが145/80R13でサイドのたわみも大きい為か?転がり抵抗と排水性を考えるとこんなゴム質が最適なのか?

クリックすると元のサイズで表示します左の画像はブリヂストンエコピアEX10(上画像右)の拡大です、これもざらざらにはなっていますがEC202ほどではありません、タイヤサイズが155/65R14でたわみが少ないのが原因か、タイヤの構造とコンパウンド(ゴム質)の違いか・・・






コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ