**BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております*** ********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。*****

低燃費タイヤの実力は?その2

2010/3/29 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します
この画像は先日取り付けたタイヤ、EC202のフロントタイヤです、あれから452Kmの走行で燃料を満タンに・・・25.9リッター入りました計算すると17.5Km/L(沼田タイヤ調べ)になり3.2Kmのアップです、1Lを120円ですとEC202ですと3,108円(25.9L)もし純正タイヤですと3,792(31.6L)になります今回だけで684円のお得です、この145/80R13はタイヤの価格を考慮するとお勧めタイヤです・・・もう少し予算があればBSのエコピアEX10もお勧めです。

ただし、この低燃費タイヤ、どのメーカーも転がり抵抗をアップさせる為にタイヤを細く造っています(規格内で)それと排水性を増す為にトレッド部分の溝面積が多いように思います(私の錯覚か?)燃費に関しては通常の生活に最も近い燃費で参考になればと思います、経年劣化はどうなのか?タイヤの寿命はどうなのか?これからです・・・・

車は新品タイヤを交換した時はどんなタイヤを付けても、その以前に付けていたタイヤとの比較になります、スタッドレス→夏タイヤ、つるつるタイヤ→から低燃費タイヤ、うるさいタイヤ→プレミアムタイヤ、格安タイヤ→ハイグリップタイヤ等、ほとんどの方は「こんなもんか?」になっていると思います、燃費についての情報も沢山ある中から、この記事がタイヤを購入される時に「ちょっと沼田タイヤに相談してみよう」になりますように。

次回は145/80R13からのインチアップ155/65R14(このサイズも多い)で試してみようと思います。



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ