*******BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております******* **********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。*********

貫通穴、最小限の修理穴

2018/1/27 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します前記事の3本のパンク、その中の1本だけは難作業だった、トレッド面からの目視が困難、ホイールから分離してタイヤ内側から異物確認、ショルダー近辺に釘先端を発見左画像の〇部分辺りに異物の侵入穴がありそうでした?こりゃ判りにくい。

クリックすると元のサイズで表示します左が釘先端の画像、斜めに貫通し釘の長さもありそうでした、通常であればトレッド面から引き抜くのですが、周辺の損傷が大きくなりそうなので、今回は釘の先端を摘まみ、内側から引き抜きます、釘の傘部分は摩耗しているはず?

クリックすると元のサイズで表示しますやはり、釘は長かった、釘の先端を摘まむ道具も必要ですが、最も重要なのは引っ張る角度と握力です。

左画像まで抜けると成功、最小限の損傷で貫通穴を塞ぎます。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ