*******BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております******* **********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。**********

タイヤの初期性能と経年劣化

2017/3/16 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します新車装着タイヤからのタイヤ交換、車種はフォレスター4WD、このサイズ、低燃費乗用車タイヤ、プレミアム・タイプ、SUV専用タイヤ、RV用タイヤ、と各メーカーさんとも種類が多い、装着するタイヤによって車の性格はガラリと変わる、タイヤ選びは慎重にしたい、勿論、価格も重要!

このM社、Premier LTXの特徴はタイヤ磨耗と供に主溝の幅が広がる?物理的には溝の断面が台形になってる、高分子なゴム質での性能アップとは違い、基本的なタイヤトレッドでの変更で、タイヤの総合性能を高めている。

タイヤの初期性能とは?摩耗末期の悪いタイヤからタイヤを新品にすると、どんなタイヤでも良くなる、良く感じる?しかし、その性能が持続する事もない、熱や紫外線による、ゴム質やタイヤコードの経年劣化や残溝の減少、それらの性能劣化が少しでも少ない方がいい。

昨年取り付けのPremier LTX

この純正タイヤを6〜7年使っておられた、おそらく今回のタイヤ交換がこの車にとっても最後のタイヤ交換でしょう?

ありがとうございました。



タイヤ専門店「沼田タイヤ」



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ