*******BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております******* **********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。*********

可否の判断は内面修理

2017/1/30 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します


タイヤは45扁平のB社GZ、金属片が刺さりパンクでした!

他店に伺ったところ「無難で、安全な新品交換を・・・」だと思います?であれば、高価な出費になってしまいます

お客様から、この状況を電話だけでの状況説明でした、「もしかすると修理できるかも・・・」

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します刺さっていたのは左の金属片。
右は上画像のpadの上に異物を置いてみます、黄色○の部分が貫通して、黄色↓の先端だけがタイヤ内に出ていました、通常よりも貫通穴は大きいですが、直せないパンク修理ではありません。

パンク修理の可否は、外観だけでの判断はご注意を!パンク修理もそうですが、低圧走行でのタイヤ内損傷の確認も重要です。

どれも、これも、新品にすれば問題はないのですがね・・・


タイヤ専門店「沼田タイヤ」



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ