*******BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております******* **********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。*********

タイヤの評価は?

2016/5/28 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します燃費計測2回目です、今回は280km走って16.2L、1リッターで約17.3kmの走行、運転はエアコン使用無しで燃費に気を付けての運転を心掛けて、1回目の燃費計算よりも伸びたようです、2回合計で430kmの28.6L使用、1リッター約15.0kmでした。



クリックすると元のサイズで表示します


上画像はダイハツ ミラ21年式(L275S/2WD/CVT車)で430km走行、タイヤサイズは145/80R13のM社セイバー(ESC)の前輪です。

燃費は1リッター約15.0Kmと、他社の低燃費タイヤには若干低いようです、これはタイヤ重量とタイヤのトレッド幅の要因が大きいはず?今回の燃費計測、メーカーさんのカタログ表記よりも実生活に近い燃費だと思います。

安定感はバツグンでした雨天時でも変化の少ないハンドリングがでした、メーカー指定の空気圧は220kpa、画像の前輪はタイヤ空気圧は200kpa(2キロ)で後輪はもっと少ない、1人乗車であれば、それでも快適でショックの減衰力が変わったような感覚でしょうか?

軽四での使用頻度は通勤、買い物等、近場での使用が多いかと思います、ほとんどが決まった使用条件であれば、空気圧の再考も快適運転には欠かせないようです。

燃費だけを重視して、高い空気圧ではタイヤの基本性能は損なわれます、タイヤのサイドがしなやかに撓み、タイヤが路面の情報を伝えてくれる、そんなタイヤが理想だと思います、交換初期はどんなタイヤでも良いのは当たり前!その性能がどれだけ維持できるか?それも、タイヤ評価の一つです。

タイヤ選びに迷ったら沼田タイヤへ




タイヤ専門店「沼田タイヤ」



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ