*******BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております******* **********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。**********

たかが軽トラ、されど軽トラ!

2016/4/27 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します朝一番のタイヤ交換、軽トラのタイヤです、何の変哲もない使い終った廃タイヤです、このタイヤからお客様のタイヤの使用環境を推測します。

お客様からも、積荷の重さ、主な走行路をお聴きしてタイヤ内圧も決定します、働くタイヤの内圧は重要だからです。


クリックすると元のサイズで表示します左画像、前輪で使っていたタイヤです、タイヤのショルダー部はすり減って、トレッド表面を観ると、車輛側の不具合のようなすり減り方(偏摩耗)?車体を確認しても異常は無さそうだし・・・

ここで、お客様から車の使用状況をお聴きします、結構な重さ、定量一杯の荷物を、狭い団地を廻り、アップダウンの多い走行路のようです、正常な足廻りでも積載して鋭角なカーブを多く走る車輛は、このような症状も現れます働く車の宿命でしょうか!

クリックすると元のサイズで表示します左は後輪で使っていたタイヤ、前輪とほぼ同じくらいの摩耗状況です。

良く見かけるのは、前輪が上画像のようでも、後輪の残溝が50〜60%残っているパターン?軽トラを足代わりに使われる方も多く、荷台は空っぽ!こんな時はどうしても前輪2本だけの交換になります、しかし、当社でスタッドレス等を取り付ける方は必然的ローテーションになり、使い終った時は4本とも均等な摩耗→ これです。

今回のタイヤ交換、新車時からローテーション無しで、このような末期状態になったようなら?軽トラの性能を100%使い切ったタイヤの代表例だと思います


タイヤ専門店「沼田タイヤ」



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ