*******BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております******* **********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。**********

タイヤも、ホイールも大切に!

2016/4/1 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します時々気になる、ちょっとした異変?両画像の中央に金属が擦れたような?盛り上がったような?素手で触ると怪我をするくらいの金属断片?ホイールのこの箇所も、厳密にはタイヤと接触します、タイヤのビード付近に亀裂は入るでしょうホイール側の金属突起部は必ず処理が必要です

クリックすると元のサイズで表示します上画像のような現象はどうして起こるのか?タイヤの組み替え作業でホイールのチャッキング(ホイールの固定)が原因です、左画像、タイヤチェンジャーのチャッキングの爪部分、この爪4ヶ所で固定するのが一般的(センタ―ロックもある)、ストレスの掛かる高扁平タイヤを組み替える時、ホイール本体が数ミリ動く時がある、硬い金属(チャック部)と軟らかい金属(ホイール側)の時、どうしてもホイール側の負担が大きく、左画像のチャック部の黄色○で損傷してしまう

対処法としては、チャック部に指定のアダプターを装着していますが、そのアダプターがプラスチック製だと、ホイールが動いて固定できない時があるリバースタタイプだとホイールには致命傷です。

わが社のチェンジャーです、チャック部に硬めのゴムを被せます、なので、今まで上画像のチャック部は金属同士が接触した形跡はありません。






タイヤ専門店「沼田タイヤ」



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ