**BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております*** ********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。*****

福島県からのパンク依頼。

2008/12/16 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますこの画像はタイヤの外観ですが、見た目で判別できるのはブルーの縦線の所ですが、横線の所もタイヤ内のコードが切れています、良く見ると横線の方向に1センチくらいの溝が出来ています。
この場所のタイヤ損傷はベテランの方でも見落とす事がありますので気をつけてください。

クリックすると元のサイズで表示しますこの画像が上記のタイヤを内側から見た所です、縦線と横線が上の画像と逆になっていますが、画像の右側がタイヤのビード部分です、タイヤ内側に亀裂は2箇所確認できました。
こうなるとさすがに修理不能です、それとタイヤ内側にパンク後の引きずり痕があります

内輪差で何かに接触、凸凹によるタイヤダメージなどタイヤのサイド部分(上画像の縦線)に損傷があった場合には必ずビード近く(上画像の横線)の部分を確認してください、扁平タイヤや車重に対してロードインデックスの小さなタイヤは特に気を付けて下さい、ですからタイヤとホイールをばらして内側から確認するのが大切なんです。
福島県のHさん、今回は残念でしたが修理不可という事になりました、又、今回は私のブログ記事にご協力頂きありがとうございました。




2008/12/16  22:00

投稿者:あいこ

さすが沼田タイヤさん、よそのお店には行けませね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ