**BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております*** *2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。*

他店のパンク作業は気になる!

2014/12/26 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します他店がどんなパンク修理をしているのか気になります、左画像はトレッド面中央をコンビユニットを使っての修理、これは問題ないのですが!タイヤ内面をそんなに削らなくてもいいようです、しかし、右画像はタイヤのビード近辺、外からの画像ですが、力を加えると貫通穴が現れます、そうしないと貫通穴は、まったく見えません、勿論、空気は漏れている?


結論はこうです、トレッドから刺さった異物が貫通して、ビード近辺を内側(黄色○)から更に貫通、トレッドの貫通穴とビード近辺の貫通穴(黄色○)の距離は約10cm位はあるでしょうか、結構な長さです、おそらく異物の長さは15cm位はあったのではないでしょうか?

この場合、タイヤの内面をよく確認していれば防げたトラブル、黄色○の損傷まで確認をしていなかったようです、刺さっていた異物があれば想像もできる、無ければパンクの状況を問診する、それで、ある程度はパンクの状況は想定できます。

それにしても、長さ15cm位の先端の鋭利な異物とは、どんなものでしょうか?



タイヤ専門店「沼田タイヤ」



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ