**BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております*** ********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。*****

×印

2014/10/31 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します今日も早朝からパンク修理、それもチューブタイプの前輪、荷を積んで空気の少なさが発覚したのか?「ちょっと、来て〜!」時間がないのでスペアを取り付けての出発、タイヤは持って帰って修理です、外したタイヤに×印?これは必ずします、タイヤ内からチューブを取り出す時、チューブのバルブ位置があった印です。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します左の画像のように、取り出したチューブをタイヤの上に置き、バルブ位置を合わせます、そうすると、右画像のようにチューブ穴(白丸)とタイヤのパンク原因(黒丸)の位置がおおよそ合致します、これはパンク原因の再確認です、現に、このパンクのタイヤ内面には突起物はありませんでした、でも、チューブには極小の貫通穴、作業の速さと確実性に×印は欠かせません。


今回はタイヤ側の異物が目視出来ましたが、まったく見えない時や抜け落ちた場合もあります、そんな時に×印を忘れていたら・・・

もたもたする作業に、いい仕事はありません!


タイヤ専門店「沼田タイヤ」



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ