**BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております*** ********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。*****

新旧の低燃費タイヤ

2012/3/24 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します
初代低燃費タイヤ、ブルーアースが発売されたのが2008年
の春
でした、記事の中に「もう少しタイヤ剛性が良かったら、と思いますが。」とあります、今回そのブルーアースが交換時期にあたり、ブルーアースエースを取付る事に、このお客様(国産ミニバン)は常連さんで、発売当初の低燃費タイヤを使ってもらいました(今まではB社のみ)取付当初は「よく転がる、乗り心地も良い、ハンドリングも良い・・・」好評価の電話をもらったのを覚えています。

取り外したアース1の感想を聴いて「初期性能と末期性能の差が本当に少なかった・・・」タイヤ本体の経年劣化が少なかったのか、取り外したタイヤも弾力性があり、新品時とあまり変わらない様にも思えます、初めの「タイヤ剛性が・・・」無い方が良かったのか?ドライバーと車とタイヤ、この3つの相性が良かった一例でしょう、その続きで今回もY社の新製品をお勧めすると、「ほいじゃ、付けてみようか。」

昼過ぎに取り付けて、早速、お客様から連絡があった、「すべてがマイルドになった、ええ感じよ!!」車内の子供「とうちゃん、テレビがよう聴こえる」磨り減ったEarth-1(EP400)と新製品 BluEarth-A(AE50)の比較です、5年前より進化を感じます、これではADVAN decibelの存在感は薄くなるでしょう。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ