※BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、カラーを指定の上、ご連絡お待ちしております。※ ※※2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。※※※

スタッドレスのゴム質

2011/9/13 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します
上の画像はどちらも07年製のXアイス(現在はXIU)、左が1500ccFF車(185/65R14)右がエルグランド4WD(215/60R17)です、このお客様は毎年沼田タイヤで取付し、勿論、適正空気圧、前後バランスを考えての取付けです、どちらも運転は女性の方で、大きく違うのは通常の運転コースと車種(車重)の違いだと仮定します、左の185/65R14は残溝は約7〜8分、右の215/60R17はショルダーが末期症状で中央の残溝は約7分、初期Xアイスは以前にもhttp://fine.ap.teacup.com/twopiece/800.html書いたようにショルダー付近のチッピングは多く見られます、ロングライフの為、国産スタッドレスに比べてやはりゴム質は硬めです、タイヤ剛性とゴム質のバランスが悪いのか?しかし左の185/65R14は、あと何年使えるのでしょうか!!
ゴム質が硬めのスタッドレスは乾燥路では良いのですが、やはり氷上路面では発砲系のゴム質に軍配があるようです。

クリックすると元のサイズで表示します参考までに、左は175/80R16 DM-Z3(04年製)BSの発砲系ゴムです、車重も軽く、走行距離も少なかったのかゴム表面は今でも良く効きそうです、これは7年前のタイヤですが、まだ使えそうです。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ