**BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております*** ********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。*****

エコピアR680

2011/8/29 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します
8月10日に取り付けたエコピアR680、約2500Km走行後、8月27日に取り外し現在は【Y社 JOB RY52 約4.8Kg 日本生産】で走行してもらっています、画像でも判りますが、さすがB社です、ゴムの表面は極め細かい、良い摩耗しています。

【ドライバーの印象】
その1 乗り初めはさすがに抵抗が無く、車速が10%くらい伸びたが、表面のポチが無くなり一皮むけると車速は安定してきた、それでも4〜5%は伸びている。

その2 接地面が少ない為、カーブでのスキール音が早くから鳴きはじめる、タイヤのグリップが損なわれている証拠だが、良く云えば路面の状況をドライバーに伝えてくれるタイヤではある、悪く云えば無理の効かないタイヤである。

その3 その2の状況が雨降りの時、直進時の排水性は良いが、カーブでの操縦安定性は悪くなる・・・当然か!!

クリックすると元のサイズで表示します上画像のタイヤの外側(一番力の掛かる所)です、他メーカーがどれくらいになるか?働く車のタイヤは、タイヤ初期や末期にチッピングと云って、ゴム表面がボロボロとちぎれる現象がある、タイヤの使い方(特に過荷重、急駆動)にもよるが、タイヤのゴム質、ケーシング等にもよる、ここら辺りは技術的な差が出やすい所である。



タイヤ専門店「沼田タイヤ」



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ