**BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております*** ********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。*****

エココンタクト 5

2011/7/28 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します
上は、コンチネンタルの新製品、「Eco Contact5」である、コンチのエコタイヤには「Eco Contact3」があるが、これは車重の軽い用のタイヤで65扁平と70扁平が主サイズになってい、速度表示もT表示が多いい、通常のファミリーであればこれをお勧めです。

新製品の「Eco Contact5」はカタログに「エコでありながら、ハイパフォーマンスを獲得していく。」と、わけのわからないコピーを使っている?私ならこうだろう「エコでありながら、プレミアムな走りを。」エコにハイパフォーマンスは要らない!!スポーツよりプレミアム寄りだと思うが・・・タイヤ構造を見るとビードを強化して、サイドを薄く全体の贅肉を落として、軽量構造にしている、「Eco Contact3」と比べると、サイズ、荷重、速度などが高く、重量車で足廻りもしっかりした車種にお勧めだろう。

タイヤの空気抵抗を意識した、サイドデザインはどうなんだろうか?少し前に話題になったSPEEDO社の「レーザーレーサー 」のような効果があるとも思えない、ヨコハマのブルーアースワンも同じ表現を使っているので、技術的には同じレベルだと思うが。
7サイズの発売は11月頃なので、お楽しみに。
タイヤ専門店「沼田タイヤ」



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ