トマトっとのひとり言


~~~~肝炎治療とその後~~~~~トマトっとのひとり言

 
肝炎治療を始めて25年、何度かの再燃を経て、ソブリアード(シメプレビル)の3剤併用療法の治験でSVR(著効)になりました。インターフェロン治療の副作用でなったバセドウ病と甲状腺腫は、一生経過観察。著効後の舌痛症状は、シェーグレン症候群と診断されました。SVR後も肝癌リスクは残るので、専門医の定期的な検査は続きます。(^。^)

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

内緒コメント

記事右下の内緒をクリックするとコメント欄が出てきます。非表示希望コメントなどございましたら、記名の上、どうぞよろしくです!

自己紹介

C型肝炎: 1b高ウイルス、IL28b-TG、コア70W、ISDR4、ITPA-CC。 治療歴:強ミノ、INF単独3回、ペガコペ併用治療で再燃。β単独連日治療バセドウ病もらい中止後再燃、β・リバ併用治療中断し、阻害剤TMC435の3剤併用療法の治験でSVR(著効)となる。長い間の治療の副作用でバセドウ病と甲状腺腫、舌痛症が残る。

過去ログ

最近のコメント

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:トマトっと
★則子さんへ
ありがとうございます。
則子さんも、ラストワンになりましたね。
頑張りましたね。
後は、神様に任せましょう。きっと大丈夫、良い知らせを祈っています。
投稿者:トマトっと
★renshi0908さんへ
いつもありがとうございます。
renshiさんのところ、この頃読み逃げですみません。可愛いワンチャンの写真にホットさせていただいてますよ。

自分の身体がどこまでが頑張れるものなのか、きちんと把握できていないのが、情けないです。
投稿者:トマトっと
★miyaさんへ、すずめさんへ
私のあやふやな記事でいろいろと調べて下さり、考えて下さってありがとうございます。
感謝してまーす!!

ペグレベで、途中棄権になったら、今度こそ阻害剤併用も使えないかしら…考えてもしょうがないのですが。阻害剤が保険適用になる頃には、副作用対策も少しは進むことを願っています。
投稿者:則子
立派な柿ですねェ〜柿は肝臓に良いとか・・・頂いていきま〜す(^^)v〜
私の主治医も もし今回の治療であかんかったら 2年待って下さい。新薬が必ず出るから!って 言ってました。仕事もあまり無理をしないで下さいねぇ!副作用も大変だと思うし・・・ボチボチで頑張って下さい。
私も今 韓流にはまってま〜す(^^;)

http://blogs.dion.ne.jp/pichon_ururu/
投稿者:renshi0908
遅くなりましたm(_ _)m
色々なトマトっとさんの頑張りと
治療検査について頭が下がりますm(_ _)m
今の頑張りが今後の良い結果につながっていると信じています(^^)

http://blogs.yahoo.co.jp/renshi0908/MYBLOG/complete.html?pid=13470893&cat_id=555021711
投稿者:すずめ
miyaさん コアを調べる・・・その通りです書き込みが足りなく誤解されますね。ペグリバで以前効果なかった方が 3剤法を行う時と言われました。  治療を行う医療機関により異なるのでしょうが、
ローコールの治験の件ですが 担当の先生から肝炎の治験に入ったとお聞きしました・・・国内か 海外かはお聞きしていませんでした。 海外の開発薬品にあまり話をされない先生なので 次回確認したいと思います。
トマトっとさんのブログをお借りして済みません。

http://blogs.yahoo.co.jp/nasu9821
投稿者:miya
ああ、誤解が有ったようですね。遺伝子変異を調べてその結果治りにくいタイプと判明したとしても、IFN単独も使えないとは全く思いません。
ただ、単独なら陰性化が無理でも、併用なら例え再燃したとしても一時的にせよ陰性期間を保持出来る可能性が有るから、そういうチャンスは奪わないで欲しいなと思いました。仰るように調べなければいいのですか、理屈で納得したい私はつい調べたがり屋になります(笑)
ブログでは書けないことばかりですね(^_^;)。ただ、読み手としては、書いてある事に反応するしか無いのでごめんなさいね。
私は、βからペグに移行したら、拍子抜けするほど楽チンでした。ペグが初めてのIFNの方とは違う感想だと思いますし、少数派かもしれませんが。今は定量に換算すると延長2ヶ月目に入ったのと同じ位の総量になってます。
トマトっとさんのベガコぺの経過を見ると、ウイルス量が増えた後だと厳しいかもしれませんね、私もそうでしたから。ですから、先生が仰るのは理屈からは納得ですが、お体大丈夫ですか。
トマトっとさんにもペグイントロンは楽だといいですね。ただレベはチト飲みにくい(苦笑)
投稿者:トマトっと
★omiさんへ
ありがとう!
チュモンが佳境に入ってきました。
NHKのファン・ジニを見始めました。

酷く不調なときは、韓流ドラマも見る気がしませんが、この頃また夢中で見ていますよ。
投稿者:トマトっと
★tora_tamさんへ
いつも適切な情報を下さりありがとうございます。
遺伝子レベルの検査については、
「やれるけど、変異を調べて効かないタイプは、次の阻害剤適用になるまで、ペグリバ併用が使えない」と言われました。私は、自分の意思では決めかね、主治医の意見を求めた結果、今回は調べない、となったのでした。うちの病院、阻害剤の治験もVRAD治療も結構早くから実施されている病院ですが…検査可能かやその後の治療方針や保険適用などのことは、私にはよくわかりません。私が違った受け取り方をしているのかもしれません。また、誤解や訂正などありましたら、お手数ですがご指摘下さい。どうもありがとうございます。
投稿者:トマトっと
★つばささん
いつもありがとうございます。
1年前の今頃は、副作用でほとんど食べられず、治療開始から半年過ぎても陰性化せず、だるさと失意でめげていました。食べられることと寝られることは、何にしても精神安定の一番の薬です。
つばささんに、すごい、なんて言って頂くと、嬉しくて思わず柿の木に登ってしまいそうですよ!
1|234
AutoPage最新お知らせ