トマトっとのひとり言


~~~~肝炎治療とその後~~~~~トマトっとのひとり言

 
肝炎治療を始めて25年、何度かの再燃を経て、ソブリアード(シメプレビル)の3剤併用療法の治験でSVR(著効)になりました。インターフェロン治療の副作用でなったバセドウ病と甲状腺腫は、一生経過観察。著効後の舌痛症状は、シェーグレン症候群と診断されました。SVR後も肝癌リスクは残るので、専門医の定期的な検査は続きます。(^。^)

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

内緒コメント

記事右下の内緒をクリックするとコメント欄が出てきます。非表示希望コメントなどございましたら、記名の上、どうぞよろしくです!

自己紹介

C型肝炎: 1b高ウイルス、IL28b-TG、コア70W、ISDR4、ITPA-CC。 治療歴:強ミノ、INF単独3回、ペガコペ併用治療で再燃。β単独連日治療バセドウ病もらい中止後再燃、β・リバ併用治療中断し、阻害剤TMC435の3剤併用療法の治験でSVR(著効)となる。長い間の治療の副作用でバセドウ病と甲状腺腫、舌痛症が残る。

過去ログ

最近のコメント

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:トマトっと
miyaさん
ありがとうございます。

>でしゃばって…

なんて、とんでもないですよ!
お詳しい方にいろいろ情報提供していただけると、有難いです。

IFNの「やめ時」ほんとに難しいようですね。どの医者も私の主治医も悩んでいっらしゃるようです。
投稿者:トマトっと
ゆきみさんへ
コメント、ありがとうございます。
お仕事復帰されたのですね。
良く、ご決心なさいましたね。
心が少しずつ開放的になれると、きっと身体の調子も少しずつ上向きになっていきますよ!
(私もしっかり自分に言い聞かせています!)

レンドルミンは、私ももう1年になります。私も、たまになしで寝てみるのですが、ダメです。最初は、長期服用を気にしていたのですが、飲まないで具合が悪くなってからの身体への負担の方が大きいことがわかりました。
暫くは、レンドルミンは量を調節しながら、精神科の薬はお医者様と相談しながら当分薬のご厄介になりま〜す。

ゆきみさんも、身体に負担がかかりすぎぬよう、お仕事の楽しみ?を探して下さい。
投稿者:miya
あ、血小板云々のは特に180投与の場合です。トマトっとさんもご心配されませんように。
個人で差があるのは、皆、状態がそれぞれ違うからというのもあるんです。だから傍目から不明のことはありますから。

http://myseat-yours.jugem.jp
投稿者:miya
こころさんへ

トマトっとさん
コメント欄お借りしますm(_ _)m

こころさんと同じ地域ですが、こころさんがペガコペを始めた頃は、下に書いたようにペガコペは延長については未定の状態でした(というか、ペガシスが後半で血小板急減の副作用がたまに出る場合もあるので、場合によっては難しいという話もあったようです)。ですから、その説明は、当然だったと思いますよ。また、初回治療の方は、IFNへの反応がわからないので、陰性時期によって判断が難しいです。とにかく止め時が明確にわからないので、判断がなかなか難しいというのも実情だと思います。

トマトっとさん、でしゃばってすみません。

http://myseat-yours.jugem.jp
投稿者:トマトっと
カンカンさんへ
ありがとうございます。

>ホットミルクにバニラエッセンス、ぜんざいの牛乳割り…

これ、今度いただきます!!
良い香りも、寝つきの大事な要素らしいですから。
寝れないと、心身全部が狂ってきますからね。カンカンさんは、この頃眠れますか?
ホットミルク+レンドルミンが効かなくなったら、抱き枕をやってみます。

投稿者:トマトっと
oyakataさんへ
ありがとうございます。

IFN治療が、医者の技量や病院の格?みたいなもので差が出ていることは、残念ながら事実のようです。(都内だけでもずいぶん違います。)だからこそ患者も、お医者様任せではなくて、賢い患者にならなくてはいけないのだと思います。でも、医者より情報を知っていたりすると、先生の顔を立てながら、ご相談……なかなか至難の業が必要ですね。でも、自分の命がかかっているのですから、いい情報は、上手に活用したいです。

うちのどら息子は、牛乳飲んでも飲まずとも、朝寝、昼寝、夜寝…春休みで、一日中良く寝られます。若い、ということでしょうか?
投稿者:トマトっと
こころさんへ
ありがとうございます。

>ごろ寝は、出来るのに…

私もそうです。通院の電車内などではぐっすり、できてしまいます。いざ、布団へとなるとおかしなものですね。
身体を動かせば疲れて寝られるのかと思ったら、そうでもないみたいです。今度は、何か興奮?して(何を?)寝付けません。治療の間は、ホットミルク以外にレンドルミンのお世話になることを観念しました。

ペガコペガの延長、うちの大学病院にもペガ単独延長はいても、併用はいないようなのです。どうなっているのだかわかりませんが…
あまり、先生にしつこく事情も聞けませんし…とにかく、全肝炎患者に平等であってほしいですよね。


投稿者:ゆきみ
こんばんは。同感です。地域や病院で保険適用が違ってしまうのはだめですよね。
トマトっとさんは、レンドルミンなんですね。私はサイレースです。ぐっすり眠ることを目標にしていますが、休日は時々飲まないでみたりすますが・・・。結果はいまいちです。もう少しお薬に頼ろうと思います。

http://blogs.yahoo.co.jp/tyoipanpan
投稿者:カンカン
ホットミルクにバニラエッセンスを垂らすのも良いですよ。
カロリーが高くても良い時には甘酒の牛乳割りや
ぜんざいの牛乳割り等も。
後は首から胸にかけてを温めるのも眠りに入りやすいそうです。
抱き枕や縫い包みを抱いて寝る、ってやつですね。
寝られないのは辛いですから 自分に合う方法が見つかって良うございました!

http://kancan2ko.exblog.jp/
投稿者:oyakata
「長期のINF投与で完治の可能性もあるのにガイドラインの壁があるから難しい。」と肝臓専門医も以前言ってました。
医師のやり方、カルテの書き方?によっては保険を適用出来る場合もあるそうです。

ホットミルクは良いですよ!母乳にも赤ちゃんの気持ちを落ち着かせる成分があるそうだしホットミルクも効果があると思います!

http://blogs.yahoo.co.jp/oyakata05
1|2
AutoPage最新お知らせ