トマトっとのひとり言


~~~~肝炎治療とその後~~~~~トマトっとのひとり言

 
肝炎治療を始めて25年、何度かの再燃を経て、ソブリアード(シメプレビル)の3剤併用療法の治験でSVR(著効)になりました。インターフェロン治療の副作用でなったバセドウ病と甲状腺腫は、一生経過観察。著効後の舌痛症状は、シェーグレン症候群と診断されました。SVR後も肝癌リスクは残るので、専門医の定期的な検査は続きます。(^。^)

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

内緒コメント

記事右下の内緒をクリックするとコメント欄が出てきます。非表示希望コメントなどございましたら、記名の上、どうぞよろしくです!

自己紹介

C型肝炎: 1b高ウイルス、IL28b-TG、コア70W、ISDR4、ITPA-CC。 治療歴:強ミノ、INF単独3回、ペガコペ併用治療で再燃。β単独連日治療バセドウ病もらい中止後再燃、β・リバ併用治療中断し、阻害剤TMC435の3剤併用療法の治験でSVR(著効)となる。長い間の治療の副作用でバセドウ病と甲状腺腫、舌痛症が残る。

過去ログ

最近のコメント

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:トマトっと
🍅 miyaさん、こんばんは!
耐性検査について、追加の詳しい情報をありがとうございます。
SRLもD168の耐性検査を入れたのですね。
BMLの方もそのようです。(確かめました)
ガイドラインの米印に書かれていた事を突かれては、、、ということですね。

三田での報告会では、
熊田先生が、シメピレビルでダメだった患者で、すぐにDCV/ASVで治療した場合と、半年後と一年後に治療した場合の著効率を報告していました。
すぐに治療した者は効かなかったと、、、(≧∇≦)
酷い報告です。人体実験です。すぐに治療してしまわれた方が本当にお気の毒です。

miyaさんの仰るように、プロテアーゼ阻害剤でダメだった方にもまだやるつもりなのか!と、私も同感です。
例え、D168が陰性と出ても、同じプロテアーゼ阻害剤のアスナプレビルを使えば、反応して耐性が出て来る可能性があると言うことですよね。その事は、複数のコアな専門医が話しています。

ガイドライン自体に、大きな駆け引きと限界を感じてしまうのは、捻くれている私だけでしょうか、、、。もう、モヤモヤしっ放しです。すみません、リコメで愚痴ってしまいましたm(_ _)m
コメントありがとうございました。

http://fine.ap.teacup.com/tomato8029/
投稿者:トマトっと
🍅 kunikuniさん、こんばんは!
この記事へのコメントして下さっていたのを見逃していました。リコメが遅れてすみません。

無料の耐性検査(NS5AのY93L31のみ)は、
B社が費用持ちですから、勿論B社がDCV/ASVをやってもらう為の検査です。

SRLにBMLも加わったのは、もう完全にB社の薬の売り込み
大作戦としか思えませんよね。
いつもコメントをありがとうございます。

http://fine.ap.teacup.com/tomato8029/
投稿者:miya
トマトっとさん、こんにちは。
先日、BMS社でNS3のD168の耐性変異が検査会社の受付項目から無くなったと書き、それはあっているのですが、エス・アール・エル(SRL)社で、4月6日依頼分より 「HCV薬剤耐性変異 NS3-D168」について、新規受付を開始したそうです。
http://www.srl.info/srlinfo/srlnews/2015/pdf/2015-17.pdf

他の方からコメントで教えて貰いました。チェックが甘くて、すみません。
ただ、案内書を読むと、これはプロテアーゼ阻害剤経験者を念頭に置いたもので、DAA初回の場合は想定していないようで(そう書かないと、ガイドラインと不一致になるので、はぁ)、現時点で、プロテアーゼ経験者に、ダクラ/アスナやるつもりが、まだあるの!!( ̄Д ̄)ノという感じです。

それと、ダイレクト シーケンス法なので、微量の場合の結果は甘めかもしれません。

http://blogs.yahoo.co.jp/miya_808jp
投稿者:kunikuni
こんばんは。
耐性検査なんてBMSの薬を使わせる
ために、あみだした苦肉の策みたいなもの
ですからね。私は、担当医に「これどういう
人が使うんですか?」って聞いたら
「まあどうしても待てない場合だろうね」て答えだったのですが、私はアメリカでダメだから日本で認可してもらい、なんとかして販売しようというかなり意図的なものを感じていますけどね。
投稿者:トマトっと
🍅 sunnysideさん、こんにちは!
サニーさん、泉先生、そう仰っておられましたね。
何度も仰るから、余程強調したかったのでしょうね。
そうそう、肝炎デーの後の肝炎治療戦略会議でも同じ事を仰っておりました。

とても心配なのは、ダクラ/アスナの対象が拡大されてから、
ダクラ/アスナをむやみに勧める医者がかなり増えているようなんです。むやみに、、、と言うのは、副作用も耐性のリスクも何も話さないということです。また、挙げ句の果てには、耐性検査なんて必要ない、、、なんて言っている専門医もいるんです!信じられません。

厚労省は、出来るだけ早く、ハーボニーを承認するしか手立てはないと思います。サニーさん、肝癌患者の立場から、いろんな機会で声をあげて下さい。どうぞよろしくお願いいたします。

http://fine.ap.teacup.com/tomato8029/
投稿者:トマトっと
🍅 akioさん、こんにちは!
治療薬としての完成度、、、なるほど〜
さすが、あきおさん、上手いこと言いますね。
一言で言うと、ハーボニーがダクラ/アスナに勝っている!
と言うことですよね。これからの治療を選択する方に、医者は全てを説明していただきたいです。

私は、この頃、ガイドラインの
「高発癌リスク群」「低発癌リスク群」の言葉に違和感を感じます。
慢性肝炎患者だって、肝癌発生している患者があちこちで見られます。繊維化も進んでないし、肝機能値もAFPが正常の患者でも、罹患歴が長いと出てしまっています。
年が若い方にも出てしまっています。
肝臓の予備能力が存分に残っているのに、肝癌が出来てしまったということで治療を早まっていいのでしょうか?
肝癌の一番の治療はウイルス除去ですから、失敗のリスク、副作用のリスク、大勢のリスクのある薬を積極的に勧めているのも現実には納得がいきません。

今、ダクラ/アスナで治療してらっしゃる方には、どうか無事に副作用なく治っていただきたい、祈るばかりです。

※検査会社の件、BMLも加わったそうですので訂正します。

http://fine.ap.teacup.com/tomato8029/
投稿者:トマトっと
🍅 すずめさん、こんにちは!
リコメが遅れてすみません。

医者が患者に対してきちんと説明した上で、患者が納得しての治療だったらしょうがないと思います。
しかし、何の説明もなく、高齢者だから良いだろう、、、的な安易な考えは、とても危険だと思います。
現にそういう医者があちこちに、、、

製薬会社の利益相反でなく、真に患者の事を考えたアドバイスをお願いしたいものです。

検査会社について変更があったようなので、訂正しますm(_ _)mいつもありがとうございます。

http://fine.ap.teacup.com/tomato8029/
投稿者:sunnyside
世界に先駆けてダクラ・アスナが日本で使えます、なんて話もありました。 が、
実はダクラ・アスナを使っているのは日本だけなんですね。
現にアメリカでは申請を取りやめている、なぜなら少し後発のハーボニやアヴィの経口剤のがはるかに効くのがわかったから、
昨年、泉先生が言ってられましたよね
「 80〜85%の著効率のこの薬を日本のC型肝炎治療の標準にしたら世界から笑われる 」
トマちゃん一緒に聞きましたよね、、
投稿者:akio
トマトっとさん、こんばんは〜♪
いつも貴重な情報をありがとうございます。

「ダクラ・アスナ」は副作用の多い薬です。注意して使っているはずですが、それでも薬剤による死亡例や重篤な副作用が出ているのですね。

一方、夏に登場する「ハーボニ」は重度の肝硬変患者にもつかえる安全な薬です。効果も極めて高いです、
薬としての完成度は「ダクラ・アスナ」の比ではありません。

その「ハーボニ」がもうすぐ使えるようになるのですから、
現時点では、あらゆる患者にとって「ハーボニ」を待つのが最善策と私は考えます。

一刻も早い「ハーボニ」の承認情報が待たれますね。
ではまた〜♪

http://blogs.yahoo.co.jp/akiokiokio1962
投稿者:すずめ
トマトっとさん いつも情報ありがとうございます。

テラでもそしてテラより安全と言われたソブリでも・・・
BMの経口剤でも死者が…
長年辛い思いされ 肝炎から開放される!
その思いで治療されたと思います、
重篤の患者に80歳代の方が6名、この方々は発ガン恐れ始められた方・肝炎と言う重荷を下ろしたい=差別とも

治療をすすめるにあたって担当の先生は安全第一を考えたのでしょうか?
高齢者と治療の難しい患者が残ってます、より安全な治療を
患者さんの立場にたって治療して欲しいです。

この記事を リンクさせてください。

1|2
AutoPage最新お知らせ