トマトっとのひとり言


~~~~肝炎治療とその後~~~~~トマトっとのひとり言

 
肝炎治療を始めて25年、何度かの再燃を経て、ソブリアード(シメプレビル)の3剤併用療法の治験でSVR(著効)になりました。インターフェロン治療の副作用でなったバセドウ病と甲状腺腫は、一生経過観察。著効後の舌痛症状は、シェーグレン症候群と診断されました。SVR後も肝癌リスクは残るので、専門医の定期的な検査は続きます。(^。^)

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

内緒コメント

記事右下の内緒をクリックするとコメント欄が出てきます。非表示希望コメントなどございましたら、記名の上、どうぞよろしくです!

自己紹介

C型肝炎: 1b高ウイルス、IL28b-TG、コア70W、ISDR4、ITPA-CC。 治療歴:強ミノ、INF単独3回、ペガコペ併用治療で再燃。β単独連日治療バセドウ病もらい中止後再燃、β・リバ併用治療中断し、阻害剤TMC435の3剤併用療法の治験でSVR(著効)となる。長い間の治療の副作用でバセドウ病と甲状腺腫、舌痛症が残る。

過去ログ

最近のコメント

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:トマトっと
🍅 kunikuniさん、こんにちは。
リコメが遅くなり、すみません。
アメリカでは1aが多いので、ダクラ/アスナの2剤では効かなくて、INFとRBVを入れての治験でしたね。
日本で、ダクラ/アスナでダメだった方がINFとRBVを加えてフォローアップしてるのか?するのか?対応策は全く耳にしません。
ダクラ/アスナのP3治験でダメだった方のその後の対応策の情報開示をしてくださらないまま、認可になりましたから、
もうその辺から無責任としか言いようがありません。
肝臓学会では、認可の時からその懸念をガイドラインには入れていましたが、強い効力はなかったようです。

日本でこの後出てきそうな経口剤は、
申請されたアッビーの経口剤の他に

MSD
グラゾプレビル(NS3/4A)
エルバスビル(NS5A)

https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT02203149?term=MSD&cond=HCV&rank=5

5B入ったのではないので、ブリストルとアッビーと一緒ですね。


ブリストル、5B入ったのを全国30カ所以上の施設で治験中、
https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT02123654?id=NCT02123654&rank=1

もうこれ以上犠牲者は出して欲しくないですね。
コメントを沢山ありがとうございました。
投稿者:トマトっと
🍅 サブロウさん、こんばんは。
@もAもBも
仰る通りと、私も解釈しました。

医療費助成を使わなくても、後期高齢者医療費制度を使えば、12000円で治療費が済むそうですから、
肝臓専門医でなくても、治療が出来てしまうとう仕組み
だそうです。
確かに、楽に治って喜んでいらっしゃる方がほとんどですが、そうでない方もかなりいらっしゃる事実は、無視出来ないです。
みんなが、何事もなく治って下さる事を祈ります。

医師が
耐性検査なく始める事を推奨している地方の
医師の言うなりにならないよう(このパターン
がかなりあるのです)、1人でも正しい情報が得られる事を祈るばかりです。

いつもコメントをありがとうございます。
投稿者:トマトっと
🍅 すずめさん、こんばんは。
是永先生、熱い先生でした〜(*^_^*)
専門的な話が多く、一般の方には少し難しかったのでは?と思いましたが、先生の患者に対する思いが十分に伝わりました。

ぺグリバが、48週認可の後に72週治療認可になったことに触れ、今回の1bのギリアド新薬申請に対しての先生の希望を述べられておりました。
期待したいです。

すずめさん、お仕事がお忙しい時期になりますね。
あまり頑張りすぎませぬよう、、、。

投稿者:kunikuni
こんにちは。先週はお疲れ様でした
ダクラ・アスナがだめな場合どうするか?
2剤で耐性が出来たの対処法の前例がないのでどうするかわからないですが、アメリカで治験中のBMSの3剤配合剤のレポートに次
のような記述があります。
それによると
・ソフォスブビル+リバベリン(?)
・ソフォスブビル+インターフェロン+
 リバベリン
・耐性が消える可能性があるので待つ
これがそのままDCV/ASV2剤で採用
されるかどうかは?ですがNS5Bの
耐性が出来ていないならこういうのが
ありかなと思ってしまいます。
ただインターフェロンが使えなかったから
経口剤を使った患者さんが多いわけで
そこへまたインターフェロンってのもねえ。
やはり次の世代の薬の開発まで待つ
どころの話ではないような・・
投稿者:サブロウ
トマトっと さん

国府台病院肝臓病教室の内容を、いつものように素早くまとめて報告いただき、ありがとうございます。お礼が遅くなりました。

3月14日(土) の午後に行われた講演の内容を、同じ日の夜に知らせていただくとは。トマトっと さんの我ら患者に対する思いやりの深さを今更ながら感じております。

是永先生のお話に依って、BMSの経口2剤でSVRを得られなかった場合も、お先真っ暗でなく、ほのかな明かりらしき手立ても見えて来たやに感じております。
ギリアド経口剤を待つ身にも、Harvoniとて100%であるとは言えないのですから、耐性問題に対する不安は払しょく出来ません。でも少しばかり解消された気がしています。

ところで、誠に初歩的質問ですが、お教え下さい。

@引用されている「再治療成功例」の『治療前 耐性 : NS5A耐性:L31M 25.5%、NS5B耐性無 し』

この「L31M 25.5%」は「L31Mの変異率が25.5%である」という意味ですね。

すると、「( 薬剤耐性でなく ) 自然耐性でNS5A耐性が (低率) 弱陽性に近い場合でも (12週でなく) 8週の治療では短く不十分で、再発した」ということでしょうか?

A「後期高齢者の医療制度を使って、専門医で ない医者がどんどんダクラ/アスナで治療を させています。」

第13回肝炎対策推進協議会の報告にも同じことが書かれていましたが、後期高齢者は自己負担1割ですから、「補助制度」を利用する場合と金銭的に大差が無いし、手続きの煩わしさを嫌って、患者にそう仕向けるのでしょうか?耐性問題や副作用問題など考えれば由々しき大問題ですね。

金銭的負担面を承知の上であれば、根治療法(IFNや飲み薬2剤のような新薬使用)の場合、「補助制度」の手続き抜きで「医療保険制度」を利用して治療が出来るということですか。「補助制度」の手続きは必須ではないのですね。あらためて知りました。


投稿者:すずめ
是永先生の講演会まとめていただきありがとうございます。
先生のお話次から次へ説明してくださるんですよね、、、
おぢちゃんの頭ではムリムリ〜(苦笑)
ソブリアード無効者にD168弱陽性で、、ってありえません!
ガイドライン第3版にもごちょごちょ書いてあるのに、、、何も説明せず始められた方地元にいます、、、群馬医大と同じじゃんorz
投稿者:トマトっと
🍅 ひでほさん、こんばんは!

講演会参加、お疲れ様でした。
ひでほさんの顔色がお会いするたびに明るくなっているのが嬉しいです。まだまだ越えなければならないハードルが色々あって大変でしょうがガンバです!^ - ^

ロビーでの井戸端会議は、いくら時間があっても足りないくらいでしたね。

こんな記事で良かったら、どうぞどうぞ、、、
感情に任せた拙い記事ですが、、、、お恥ずかしいです。
よろしくお願いします。

http://fine.ap.teacup.com/tomato8029/
投稿者:トマトっと
🍅 akioさん、こんばんは!

国府台病院肝臓病教室の
きっちりと正しい報告をありがとうございます。
私もリンクさせて下さい。

>あと半年でギリアド配合剤が使えるようになるのですから、どうしても待てない人以外はダクラ/アスナを始めてはいけないでしょう。
なのにB社は最後の追い込みをかけている...
止めなければ。

私もそう思います!
B社の異常なまでの追い込みは、
もう完全な利益相反です!

待てない患者の定義も、癌が出ることを脅かしていると思えてなりません。
慢性肝炎のまま、癌が出来てしまった患者、
肝臓の予備能力がまだまだ残っている患者は、
ダクラ/アスナを急いでやる必要はないはずです。
特にここに来てまで、
今からふっかけている実情に、私は、我慢できないでいます。

私のブログは微々たるものですが、
ネット閲覧者にとって、akioさんの影響は大きいです。
どうぞよろしくお願いします。

http://fine.ap.teacup.com/tomato8029/
投稿者:トマトっと
🍅 とらちゃん、こんばんは!

>薬剤による耐性患者をこれ以上増やさない!
そうそう、そうなんです!
それが言いたいです。

後期高齢者の医療制度を使って、専門医でない医者がどんどんダクラ/アスナで治療をさせています。

ネットで情報を得られる方は、ほんの一部、、、

だからこそ、
微力ながら、様々な手段で、1人でも多くの方に正しい情報を伝えたいと思います。

とらちゃん、ありがとうございます!


http://fine.ap.teacup.com/tomato8029/
投稿者:トマトっと
🍅 サニーさん、こんばんは!
サニーさんの仰る通りです!

これから治療するのに、
「耐性検査は必要ないから」という医者がいます。
信じられません。

製薬会社がらみの利益相反は御免です!
患者のための薬、患者のための治療であってほしいです。

拙いブログですが、どこかのどなたかに1人でも伝わればと
いう思いを込めたいです。
サニーさん、頑張りましょう。

http://fine.ap.teacup.com/tomato8029/
1|2
AutoPage最新お知らせ