トマトっとのひとり言


~~~~肝炎治療とその後~~~~~トマトっとのひとり言

 
肝炎治療を始めて25年、何度かの再燃を経て、ソブリアード(シメプレビル)の3剤併用療法の治験でSVR(著効)になりました。インターフェロン治療の副作用でなったバセドウ病と甲状腺腫は、一生経過観察。著効後の舌痛症状は、シェーグレン症候群と診断されました。SVR後も肝癌リスクは残るので、専門医の定期的な検査は続きます。(^。^)

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

内緒コメント

記事右下の内緒をクリックするとコメント欄が出てきます。非表示希望コメントなどございましたら、記名の上、どうぞよろしくです!

自己紹介

C型肝炎: 1b高ウイルス、IL28b-TG、コア70W、ISDR4、ITPA-CC。 治療歴:強ミノ、INF単独3回、ペガコペ併用治療で再燃。β単独連日治療バセドウ病もらい中止後再燃、β・リバ併用治療中断し、阻害剤TMC435の3剤併用療法の治験でSVR(著効)となる。長い間の治療の副作用でバセドウ病と甲状腺腫、舌痛症が残る。

過去ログ

最近のコメント

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:トマトっと
🍅 Yukettaさん、こんばんは!
精力的に講演会の両日参加、大変お疲れ様でした。
心は決まっていても、きちんとお勉強されて、頭が下がります。

肝炎の歴史の中で、すごい時代にいられること感謝です。
いい薬が出来るまでにたくさんの仲間が往ってしまったことが悔やまれます。

本当に一人でも多くの方が治りますように、心から祈っております。
Yukettaさんも、この一年、筋肉鍛えて、第二の肝臓くんに頑張ってもらいましょう。応援しています(^-^)


http://fine.ap.teacup.com/tomato8029/
投稿者:トマトっと
🍅 パピーさん、こんばんは!
ご訪問ありがとうございます。
講演会参加お疲れ様でした。

ばたばたと忙しく、返信が遅れてすみません。
今回は、レポ、パスしようかな?と他力本願〜
書きたいことあるから、ちょっとだけ後で、載せてみようかしら?

パピーさん、このまま完走、頑張ってください、応援しています。


http://fine.ap.teacup.com/tomato8029/
投稿者:Yuketta
こんばんは!
トマトっとさんのおかげで、二つの講演を聞き比べることができました。
先生方のお話はもちろんのこと、やはりトマトっとさんを始め、この会を企画しこの日の為にご尽力された「縁の下の力持ち」の皆さんのお陰で、新しい知識が得られたのだと、思っております。治療経験をされた方がこの会に携わっていらっしゃるのはなによりも励みに、勇気になります。
本当によい勉強になりました。ありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。
投稿者:パピー
昨日の渋谷の講演会ご苦労様でした。

戦力的に動かれてお疲れになったでしょう。

私なんぞは座って聞いてるだけでしたが最新の肝臓治療の凄まじい進歩のお話しの場に立ち合わせて頂く事が出来凄く勉強になりました。
有り難う御座いました。
投稿者:トマトっと
🍅 サニーさん、こんばんは。
今日は、長時間お疲れ様でした。
加藤先生の講演は、大変聞き応えのある素晴らしい内容でしたね。
公平で、確実な情報と、人間味あふれるお人柄は、またまた一層ファンが増えることでしょうね。私も惚れ直し?ました。(笑)
明日もありますが、がんばりましょう。
よろしくお願いいたします。
投稿者:sunnyside
トマちゃん、こんばんは
いよいよ講演会、勉強会ウィークが始まりますね
全国の患者さんたちが自分に一番合った療法と
出会い、全員がSVRされるのを祈ります。
一番怖いのは愛の反対の 無関心 ですね。
投稿者:トマトっと
🍅 アナログさん、おはようございます。
いつも労いのコメントをありがとうございます。
感情の赴くままのレポで、お恥ずかしい限りです。

ぷは〜と、ですね(^_−)−☆
27年間飲まない間に、かなり弱くなっていることに気付きました。でも、日本酒には強いみたい、、、、?ふふふ(^_^)

投稿者:トマトっと
🍅 Kawanishi先生、おはようございます。
>国は自分たちが広げてしまった病気っていう意識が、ないんだろうけど。。。助成をなんぼでもうけれるして、、、

先生、本当にそうですよね。国が被害を広げておいて、難治性の方や重篤な患者を見捨ててる気がしてなりません。
肝炎対策基本法の理念に反してるとしか思えません。

専門医という肩書きではなく、阻害剤について実質理解して対応できる先生に、多くの患者を治していただきたいと思います。

一人でも多くの患者を救って下さい。
どうぞ宜しくお願いいたします。

いつもコメントをありがとうございます。
投稿者:トマトっと
🍅 サブロウさん、こんばんは!
相変わらず拙いレポですみません。

>ダクラタスビルとアスナプレビルの併用療法を受けた者については、以降のインターフェロンを含む治療については、助成の対象としない

は、ダクラとアスナをやった患者というのは、インターフェロンが使えない患者だからでしょうね。
だから、インターフェロンを含む治療が助成対象にはならないということですね。
でも、保険適用は認可されているのですから、全額自己負担にはならないのではないでしょうか?

高発、中発、低発、の言い方も具体的な数値が書かれていないので、専門医の匙加減で、、、、ということでしょうか。医者の裁量による所が大きいですね。

本当に悩ましい、、、
もちろん治っていらっしゃる方も沢山いらっしゃるのですよね。

サブロウさんも、主治医の先生とよく話し合われて、いい方向に向かいますように(^-^)

いつもコメントをありがとうございます。^ - ^



http://fine.ap.teacup.com/tomato8029/
投稿者:アナログ
トマちゃん、こんばんは(*^^*)
お忙しい中、早速のレポをありがとうございます。
疲れたでしょ!そんな時はぷは〜と一杯がいいね〜♪

1|23
AutoPage最新お知らせ