トマトっとのひとり言


~~~~肝炎治療とその後~~~~~トマトっとのひとり言

 
肝炎治療を始めて25年、何度かの再燃を経て、ソブリアード(シメプレビル)の3剤併用療法の治験でSVR(著効)になりました。インターフェロン治療の副作用でなったバセドウ病と甲状腺腫は、一生経過観察。著効後の舌痛症状は、シェーグレン症候群と診断されました。SVR後も肝癌リスクは残るので、専門医の定期的な検査は続きます。(^。^)

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

内緒コメント

記事右下の内緒をクリックするとコメント欄が出てきます。非表示希望コメントなどございましたら、記名の上、どうぞよろしくです!

自己紹介

C型肝炎: 1b高ウイルス、IL28b-TG、コア70W、ISDR4、ITPA-CC。 治療歴:強ミノ、INF単独3回、ペガコペ併用治療で再燃。β単独連日治療バセドウ病もらい中止後再燃、β・リバ併用治療中断し、阻害剤TMC435の3剤併用療法の治験でSVR(著効)となる。長い間の治療の副作用でバセドウ病と甲状腺腫、舌痛症が残る。

過去ログ

最近のコメント

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:トマトっと
☆アレイさん、こんばんは!
今年は色々とあった年でしたね。
偶然同じ治験で、同じ悩みを分かち合えたこと、感謝しています。まだ、引きずっているものは、お互い頑張って乗り越えましょうね。

今年一年、お世話になりました。
来年もアレイさんにとって良いとしになりますように!

母が年末にまた入院して、落ち込んでいましたが、コメントを頂き、嬉しかったです。来年もこんな私ですが、よろしくお願いいたします。
投稿者:トマトっと
☆yokobueさん、こんばんは!
いつもコメントをありがとうございます。

yokobueさんと出会えて、嬉しかったです。
ネットの仲間はネットに限って、とちょっと前まで思っていましたが、みなさんの温かさ優しさ、そして、前向きさに触れると、実際にお会いしたい気持ちがどんどん膨らんでいった年でした。お会いできて感謝です。

来年は、yokobueさんにとって、活気的な年となりますように、治験エントリー上手く行くことを祈っております。

今年一年お世話になりました。来年も宜しくお願いします。
投稿者:アレイ
トマトっとさん、こんばんは(*^_^*)
今年は色々とお世話になりました。
この講演会の内容は本当に私の症状にあてはまります。途中でエストロゲンが一気に減少しましたから。コレステロールもウナギ登りし・・
・K先生は痩せるのが1番と言われるけど全然痩せないし・・・来年から他力本願で気功整体でお腹のお肉の揉みほぐしに通うことにしました。
また、来年も宜しくお願いします(^_-)-☆
投稿者:yokobue
トマトっとさん、ごぶさたしています。

お加減はいかがでしょうか?
今年は、若葉の旅行に始まり、いろいろとお
世話になり、ありがとうございました。

来年がよい年でありますように。
投稿者:トマトっと
◎miyaさん、おはようございます。
今日も霜柱がバリバリの朝で、寒いですね。
訳あって、先日の記事ポチってしまいました。
miyaさんがコメントを下さっていたのに、すみませんでした。
加藤先生の講演会に行ってきました。
めぐさんが書かれていた内容と同じで、ウイルス性の肝炎以外の脂肪肝から肝癌になる方が急速に増えている背景から、日常生活の留意点を丁寧に話されていました。
原因は、肥満と糖尿病からの肝癌にだそうです。
BMIが25を超えていると、30パーセントが脂肪肝だそうです。BMI22を目指してください、と仰っていました。
痩せれば、脂肪肝からの肝癌は減ります!というまとめでした。

時間があったら、レポさせていただきます。

miyaさんは、東大医科学研究所の講演会にも行かれたことがあるのですね。とても、環境のいいところで、おまけに加藤先生はお優しくて熱心で、また次回も来たくなりました。

私は、太ってはいないですが、治療後からのコレステロール値がずっと上昇中です。これもエストラゲンの影響なんでしょうね。miyaさんは、スリムでいらっしゃるでしょう!?今年の冬は寒くて、お体に応えるでしょうが、どうかご自愛ください。

今年も一年お世話になりまして、ありがとうございます。どうぞ良いお年を!
投稿者:トマトっと
☆Kawanishi先生、再度どうもです。偉そうに言ってしまいましてm(_ _)m
2月京都ですか!?寒そうですね〜って、札幌に比べたら、どうってことないですか?
京美人さん達がまた集まってくれそうですね。
お仲間さんに会いに(先生にも・・・)旅費をヘソくろうかしら・・後二ヶ月じゃ間に合わないかしら・・・
いつもありがとうございます。
投稿者:Kawanishi
そうですねえ、いろんな工夫があるから、先生たちもいろいろやってくれることありますからねえ。ひびこれ勉強ですね。
2月は新居浜京都行ってきます。
6月は東京でできそうですー。みんなが集まってくれたらうれしいですー。

http://blog.goo.ne.jp/ryokuai_2007
投稿者:トマトっと
☆Kawanishi先生、こんばんは!ご訪問ありがとうございます。先生もビタミンDは、必須ですか!
私は、治験じゃない時の治療では、ビタミンDと高脂血症の薬やセルベックス、ユベラN(ビタミンE)←血行を良くする薬などを、全部ねだって処方していただきました。(笑)
医者も勉強されていると、何とかして出して下さるものですね。
治療のたびに通う婦人科も、わからないままただ漢方を出していただいてましたが、女性ホルモンとの関係がハッキリするなら、これから対処の方法も少し変わってきますかね、期待したいです。
先生、そろそろ全国行脚の時期ですか?頑張って下さい。応援しております。
投稿者:トマトっと
☆めぐさん、こんばんは!コメントありがとうございます。出遅れなんて、とんでもないです・・・・私、全然訪問できてなくて、m(._.)m

女性の治療、40歳を境って、めぐさんは楽勝ざんしょ!?
ウフフ!
殆どの方がとっくに越えてるのに、酷な数字です。
治療の効果を上げるというデータのある薬やビタミン剤は、患者の意向を選択肢に加えて欲しいですね。
肝炎の治療は、消化器科の他に、皮膚科、眼科、は必須な上に、女性は婦人科も必須と最初から、医師の方からアドバイスをしていただきたいものですね。その他に、人によっては、耳鼻科や整形外科、内分泌科、甲状腺科、も入ってしまいます。←私もそうでした。
これからの新治療が阻害剤がメインになれば、一層幅広い副作用に対処できるよう、医者も患者も学習が必要ですね。患者が勉強しなければならないなんて、なんて大変な病気なんでしょう。

めぐさん、いつの間にか上京されていたのですね。知らなくてごめんなさい。ランチしたかったです〜!何処かで次回はきっと!!!
投稿者:Kawanishi
ラロキシフェンですね。ふむふむ。ビタミンDは追加するようになってきてると思われるから次はこれでしょうかねえ。メモメモ。
勉強になりましたー。

http://blog.goo.ne.jp/ryokuai_2007
1|23
AutoPage最新お知らせ