トマトっとのひとり言


~~~~肝炎治療とその後~~~~~トマトっとのひとり言

 
肝炎治療を始めて25年、何度かの再燃を経て、ソブリアード(シメプレビル)の3剤併用療法の治験でSVR(著効)になりました。インターフェロン治療の副作用でなったバセドウ病と甲状腺腫は、一生経過観察。著効後の舌痛症状は、シェーグレン症候群と診断されました。SVR後も肝癌リスクは残るので、専門医の定期的な検査は続きます。(^。^)

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

内緒コメント

記事右下の内緒をクリックするとコメント欄が出てきます。非表示希望コメントなどございましたら、記名の上、どうぞよろしくです!

自己紹介

C型肝炎: 1b高ウイルス、IL28b-TG、コア70W、ISDR4、ITPA-CC。 治療歴:強ミノ、INF単独3回、ペガコペ併用治療で再燃。β単独連日治療バセドウ病もらい中止後再燃、β・リバ併用治療中断し、阻害剤TMC435の3剤併用療法の治験でSVR(著効)となる。長い間の治療の副作用でバセドウ病と甲状腺腫、舌痛症が残る。

過去ログ

最近のコメント

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:トマトっと
◎すずめさん、こんばんは!いつもありがとうございます。k病院の講演会も年配の方がほとんどでした。質問も内容とはかけ離れてしまってちぐはぐで・・・(≧∇≦)でも、これが肝炎患者の実態なんですね。

対象者が限られてしまっている今の助成では、高齢者は使えない方ばかりですね。助成のフローチャートも疑問に思うことありで、歯がゆいです。

助成の半分を受け持つ各自治体の肝炎対策推進協議会で、患者の意見を十分に反映させて欲しいと願うばかりです。

肝機能値が、上がってしまっているとのこと、お仕事の兼ね合いもあって大変でしょうが、どうかお身体ご自愛ください。

投稿者:すずめ
トマトっとさん出遅れで…
戦略会議レポ分り易く書いて頂きありがとうございます。

先日地元の勉強会行ってきましたが
資料も新しいものでは無く テラの事もかなり医療情報地域格差感じました。
講演会に来られていた方 殆んどが新しい治療の対象年齢の方は居られなく いかに今の肝臓の状態を保つかに関心あったようです。

IFN助成対象も受けることの出来ない方が多いこと
肝炎人口調査されているのでしょうかね?
専門医のいる地方病院でも オイラが若い患者だと…多分、多分ね
肝炎人口比率から考えると どの患者さんを優先的に救うか?
助成に使う税のあり方 何処か違うような気がします。

まだ 副作用残っているのですから
身体労って下さいね〜
投稿者:トマトっと
◎yokobueさん、こんばんは、いつもあrがとうございます。膨大な資料でしたので、ところどころ、省略で申し訳ありません。
フランスのテラの資料では、
750mgを8時間おきと、1125mgを12時間おきでは、効果と有害事象による差がないという発表でした。対応云々・・・についての発表はなかったです。
それから、λについてですが、
泉先生のところで行ったSub-Studyの治験結果の発表がありました。
PEG-IFNλ+リバ+DCV
PEG-IFNλ+リバ+ACV
母数は少ないですが、100パーセントの効果で副作用も少なかったという発表がありました。

ほんと、もう師走ですね。
それだけで気忙しくなってきます。今日はジャングルのようになっていた庭で、植木屋さんをしました。頼むと高いので・・・枝や落ち葉がゴミ袋7袋にもなりました。yokobueさんを見習って、もう少し綺麗にしたいところです。一気に寒くなりましたから、どうぞご自愛ください。
投稿者:yokobue
トマトっとさん、おはようございます。

戦略会議への参加、お疲れ様でした。
詳細なご報告、ありがとうございました。

アメリカは、IFNフリーの治験が加速している感じなのですね。プロテアーゼ、ポリメラーゼ5A/Bで、ウイルスに強力パンチ、ウィルスもよれよれでしょうね。
GS7977も進展しているようで。
今後の展開が楽しみです!?

ところで、トマトっとさんが前回のご報告されたフランスのテラの発表ですが、2250mgから減量などの有害事象への対応はなかったのでしょうね?
IFNλについては、どんな報告でしたか?

いよいよ師走です。どうぞ、ご自愛下さい。
投稿者:トマトっと
◎YUKOさん、いつもありがとうございます。
少量長期は、切り捨てられた印象で、とても残念です。
多分一番多くの少量長期治療を行っているであろうh先生は、少量長期は医師の匙加減が難しく、たくさんの症例を経験している医師でないとできないことを、理由の一つに挙げられておりました。一方、h先生の所では、少量長期が続けられている患者は、確実に効果があるということをお話されておりました。
また、
K先生が最後に纏められたのは、
治験→保険適用→助成
となるのが順番であるから、治験がまだで、保険適用になっていないもの助成対象にはできない、というのです。

患者会から出された要求が却下された形で、歯がゆい思いです。肝炎は長期に渡る闘病生活であるのに、国が起こした医原病であるのに、インターフェロンしか助成対象になっていないのは、やはりおかしいですよね。
どんどん患者は年を取ります。治療の助成が、治験、保険適用という順序を経なければならないのなら、
別の形で、考えてほしいと思いました。

記事の方で書きにくく、こちらでごめんなさい。

YUKOさん、秋の余韻を楽しまないうちに冬になってしまいましたね。京都はもうとても寒いことでしょう。お身体どうかご自愛ください。いつも、コメントをありがとうございます。
投稿者:トマトっと
◎アナログさん、いつもありがとうございます。
少量長期は、本当に残念です。
要は、日本でのデータが少ないということです。
少量長期は、肝機能値が下がり効き目の見られる方が一部であり、その方達には確かに発がん抑制効果がある、しかし、治療をされている方で少量長期を続けていけている方が、ごく僅かであることが、理由の一つだそうです。

日本での経口二剤について、I先生は、資料2のところで、
78と65というパーセンテージについて、これはだいたい日本と同じ数字だと仰ったのです。それが、P3のデータかどうかはわかりませんが、とても気になる一言でした。

記事の方で書きにくかったので、こちらに書かせていただきます。(どちらに書いても同じかしら・・・?)

みんなが待っているインターフェロンフリーの治療が早く上手く行くことを願いますね。ラムダの発表も少しありました。省力してすみません。

急に寒くなりましたね、今年は秋を通り越して、冬になってしまった様な感じです。アナログさんは、お身体益々鍛えられておりますか?私はサボり君なので、また頑張ります。



投稿者:YUKO
トマトっとさん、こんにの〜♪
いつもながらレポートをありがとうございます。
アメリカの肝臓学会の報告はいいようですね。これが日本でもこのままいけるかどうかですよね。でも希望は持てる内容です!

少量投与が助成対象にならないのはなぜなんでしょう?さまざまな理由というのが気になります。

トマトっとさん、お風邪はいかがですか?急に寒くなったせいかこちらでも流行ってます。くれぐれもお大事にね〜!(^^)!
投稿者:アナログ
トマちゃん、こんにちは(*^^*)
お忙しい中(しかも風邪引きさん)
肝炎治療戦略会議へのご出席お疲れ様でした!
そしていつもながら詳細なご報告をありがとうございます。

私には横文字が並んだデーターなどは難し過ぎますが…(笑)
少量長期治療が助成対象になりにくいのは悲しいです!

経口2剤のP3…「気になる一言」
がとっても気になります!

それではトマちゃん、週末はゆっくりできるのかな?
お体を休ませてあげてね(^^)
AutoPage最新お知らせ