東京歌劇座は、日本の伝統舞台芸術およびヨーロッパの古典音楽劇を尊重し、それに学びながら上質な音楽喜劇の創造を目指す歌劇団です。  記念公演・舞台公演・リサイタル・コンサートなど、音楽や舞台に関してのご依頼ご相談をお受けいたします。 tokyokagekiza@gmail.com までご連絡ください。 

2009/4/20

公演記録  

2004(~16)年 5月13日(水)草月ホール
コンサートシリーズ「私をオペラに連れてって〜Take me out to the opera! 〜」
第1回『横浜ゲーテ座物語』
出演:柳沢涼子(S)、関真理子(S)、羽山晃生(T)、細岡雅哉(B)、吉川誠二(B)

2004(~16)年 7月14(水),16(金)・21(水),22(木)セルリアンタワー能楽堂
『ピグマリオン』〜フランツ・フォン・スッペ作曲「美しきガラテア」〜
音楽監督:榊原 徹  台本・演出:清島利典
出演:関真理子(S)、羽山晃生(T)、細岡雅哉(B)、吉川誠二(B)、
   清水宏恵(S)、蓮沼律子(A)、 特別出演:野村昌司

2004(~16)年 12月9日(木)津田ホール(千駄ヶ谷)
コンサートシリーズ「私をオペラに連れてって〜Take me out to the opera! 〜」
vol.2 『中嶋彰子 オペラに乾杯』
出演:中嶋彰子(S)、浜川潮(P)、東京カンマーコレーゲン

2005(~17)年 1月5日(水)・6日(木)浅草SHOWホール
アサクサオペラ!!『カルメン』 作曲:ジョルジュ・ビゼー 
音楽監督:榊原 徹  台本:江久里ばん  演出:清島利典
出演:関真理子(S)、北條聖子(S)、羽山晃生(T)、細岡雅哉(B)、吉川誠二(B)
   三木希生子(V)、江上菜々子(P)

2005(~17)年 1月16日(日) 豊島区民センター文化ホール
オペレッタ『カルメン』 作曲:ジョルジュ・ビゼー
音楽監督:榊原 徹  台本:江久里ばん  演出:清島利典
出演:関真理子(S)、北條聖子(S)、羽山晃生(T)、吉川誠二(B)
   三木希生子(V)、江上菜々子(P)

2005(~17)年 4月26日(火)・27日(水)東京芸術劇場小ホール1
アサクサオペラ!!『ボッカチオ』 作曲:フランツ・フォン・スッペ
音楽監督:榊原 徹  台本・演出:清島利典
出演:園田真木子(S)、関真理子(S)、北條聖子(S)、蓮沼律子(A)、
   布施雅也(T)、細岡雅哉(B)、
   三木希生子(V)、江上菜々子(P)

2005(~17)年 9月17日(土)・18日(日) イーストステージいけぶくろ
『ピグマリオン』〜フランツ・フォン・スッペ作曲「美しきガラテア」より〜
音楽監督:榊原 徹  台本・演出:清島利典
出演:関真理子(S)、羽山晃生(T)、細岡雅哉(B)、吉川誠二(B)、
   清水宏恵(S)、蓮沼律子(A)、
   三木希生子(V)、江上菜々子(P)

2005(~17)年 12月11日(日) 津田ホール
コンサートシリーズ「私をオペラに連れてって〜Take me out to the opera!」
Vol.3『オペラは笑う』
出演:赤星啓子(S)、園田真木子(S)、関真理子(S)
   江上菜々子(P)

2007(~19)年 7月19日(木)20日(金)21日(土) 古賀正男記念館「けやきホール」
日本、英国、黎明期オペレッタ 二本立て公演! 
佐々紅華『アーティスト・ライフ』 音楽監督:榊原 徹  台本・演出:清島利典
出演:関真理子(S)、倉石 真(T)、
   三木希生子(V)、江上菜々子(P)
アーサー・サリバン『COX & BOX』 音楽監督:榊原 徹  台本・演出:清島利典
出演:志村糧一(T)、吉川誠二(B)、
   三木希生子(V)、江上菜々子(P)

2007(~19)年 12月11日(火)12日(水)13日(木) 中央区立公会堂(日本橋劇場)
東京歌劇座・オペレッタ座 共同公演  浅草オペラ生誕90年記念 
オペレッタ『恋はやさしい野辺の花よ〜田谷力三物語〜』
音楽監督:榊原 徹  台本:清島利典  演出:武藤圭生
出演:小林晴美(S)、三井桃子(S)、小島りち子(MS)・・・他
   黒田晋也(T)、加賀清孝(B)、近藤 均(B)、中西勝之(B)・・・他
   春日宏美・・・他
   三木希生子(V)、江上菜々子(P)
特別出演:加藤 武

2009(~21)年 9月2日(水)3日(木) 北とぴあ つつじホール
音楽劇 或る晴れた日に・・ 一九四六年三月二一日 三浦環コンサート
脚本:清島利典  音楽監督:榊原 徹  演出:武藤圭生
出演:宇佐美瑠璃(S)、関真理子(S)、飯島香織(S)、浜川潮(P)、
   山本健翔、安奈ゆかり、
友情出演:川端槇二






4

2009/2/8

室内コンサート 企画のご案内  
室内コンサート 企画のご案内
小人数の聴衆を対象に、クラシックの歌手と演奏家による
アットホームなひとときの音楽会!

クリックすると元のサイズで表示します

『東京歌劇座』は、上質な音楽喜劇を上演する、歌劇団です。
あわせて、記念式典、お誕生日、披露宴など様々なパーティに、ホテル・レストラン・結婚式場・美術館はもとより、教会、学校、福祉施設などあらゆる場所に出向いて演奏活動を行っています。
美しい音楽は人をリラックスさせます。それが生の演奏であれば心の奥まで染み入り、忘れ得ぬ思い出の曲となります。
 
聞き手と音楽家が心を重ね合う
そんなひと時、そこは、ともに生きている喜びを分かち合うことが出来る“至福の空間”となることでしょう。

【 曲 目 】*歌詞は基本的には日本語です。
『メリー・ウィドウ』より  「メリー・ウィドウ ワルツ」「ヴィリアの歌」
『微笑みの国』より     「二人でお茶を」「君こそ我が心のすべて」
『こうもり』より      「こうもりワルツ」「侯爵さま」「故郷の歌を聴けば」
『トスカ』より       「歌に生き、恋に生き」
『ミカド』より       「お天道さまは永遠に輝き」「柳の小枝」
『美しきガラテア』より   「眠りから覚めて」「愛ならば感じさせて」「音楽の響き」
『ボッカチオ』より     「恋はやさしい野辺の花よ」「ベアトリ姐ちゃん」
    ・・・・そのほか   映画音楽・懐かしい流行歌など

【 出演・演奏 】
□ 女声/ソプラノ、アルト      □ 男声/テノール、バリトン  
□ ピアノ (*)電子ピアノでも可!  □ ヴァイオリン
   (*)ピアノの常備がない場合はご相談ください。

【 演奏時間 】
30分〜60分 ※諸処により変更が可能です。
【 制作費 】
会場の地規模、出演者人数、交通宿泊費の有無によって異なります。ご相談ください。ご予算に合わせてアンサンブルを編成することが可能です。

[お問合せ]
東京歌劇座 Tokyo Opera Company.
〒170−0004 東京都豊島区北大塚3−24−6 江戸屋ビル3−B1
TEL/03(5907)5089 FAX/03(5907)5089
または e‐mail よりどうぞ!


3

2009/1/20

団体から個人まで、あなたの舞台をサポートします。  
舞台公演、コンサート、リサイタルなどの舞台制作をサポートします。
遠慮なく、お問い合わせご相談(相談無料)ください。


     【業務内容】
      □ 音楽劇公演 制作
      □ コンサート 制作
      □ 音楽劇公演共同製作
      □ コンサート共同製作
      □ 舞台公演の運営・進行・管理
      □ コンサートの運営・進行・管理
                      ・・・・・他

企画発案者である主催者や企画製作者の依頼を受けて、公演の制作を代行します。主催者や企画製作者は、舞台美術・進行・照明・音響などの、公演台本・出演者との交渉決定・チケットに関する制作業務以外を、外部に委託します。しかし、公演の回数を重ねるに従い規模が膨らんでいくと業務を遂行するために、外部委託以外にも、人手が必要にります。そんな時に公演の根幹である制作業務も東京歌劇座にお任せください。

 業務の内容は、自主公演の企画実行および自主企画の依頼公演の実行はもちろんのこと、団体または個人の公演・コンサート制作業務を代行します。チケット管理、舞台進行だけといった公演の仕事の一部だけでもお引き受けします。得意とする分野は歌劇・喜歌劇ですが、経験豊富なスタッフを擁しご希望に添える体制を構築しサポートします。
 公演スタッフへの依頼を考える時、専門技術があれば基本的に要求された仕事は遂行してしまうでしょう、しかし、クオリティを考えれば情報・ノウハウをもった、企画者・主催者の意向を汲み取りながら仕事をする、経験豊富なスタッフのほうが結果的には満足できる可能性有ります。
クリックすると元のサイズで表示します
舞台をサポート
記念公演を計画したい、リサイタルやコンサートをやりたい、と思ってもその準備の時間や手間を思うとどうしようかと思ってしまう時、あらゆる面でご相談に応じます。
たとえば・・・◇企画立案から公演概算見積
       ◇会場リサーチ・設定、
       ◇チラシ・ポスター制作
       ◇チケット作成・販売・受付・発送、
       ◇台本作成、リハーサル
       ◇宣伝・広報 ・・・・・・・など、
そして本番へ、
本番に際しての・・・
       ◇舞台進行
       ◇舞台美術
       ◇照明
       ◇音響
       ◇衣裳
       ◇記録撮影
       ◇搬入・搬出・・・・・・・など、

少人数を対象としたサロン・コンサートから大舞台の公演まで、必要に応じて、舞台のプロフェッショナルが完全サポートします。

見積書の内容は以下のような項目です。
◇音楽費/出演者に関わる出演料以外の音楽経費(例えば、譜面借料・編曲料・製作費・楽器借料・ピアノ調律料・稽古ピアニスト料・・・etc)
◇出演料/ご希望があれば、出演交渉、出演料支払の業務もお受けいたします。
◇舞台費/舞台美術、大道具、小道具、舞台監督、衣裳、ヘアー・メイクなど舞台に関わる費用
◇会場費/使用料、付帯設備費など公演会場に関わる費用
◇宣伝費/公演告知、チラシ配布など宣伝に関わる費用
◇印刷管理費/チラシ・プログラム・案内状・招待状など印刷に関わる費用
◇チケット管理費/チケット作成印刷、受付、発送などチケットに関わる費用
◇記録費/写真撮影、ビデオ撮影、録音など公演記録に関する費用
◇デザイン・執筆料/チラシデザイン、プログラム構成、プログラム原稿執筆などに関する費用
◇制作管理・事務費/公演制作に際して発生する項目の管理及びその事務に関わる費用
◇制作諸経費/上記以外の公演制作上の実費 ・・・・・など

依頼の内容をよくお伺いした上で、制作進行スケジュールを提示して御見積書を作成し、ご了承いただき契約という順で行います。

団体・企業・プロとして活躍の方はもちろん、団体から個人、アマチュアの方まで、かならず夢を叶えます。どのようなことでも、一度ご相談ください。まずはご連絡のうえ見積りからどうぞ!

※お問合せ・ご相談、お見積り(見積料無料)などは tokyokagekiza@gmail.com へどうぞ。


0

2009/1/11

ピグマリオン  音楽劇
『ピグマリオン』 スッペ作曲 オペレッタ【美しきガラテア」より

時は・・・昔々、まだこの地球上に神々がおわした頃。場所は・・・ギリシャ、キプロス島、彫刻家ピグマリオンのアトリエ。2年の歳月を費やしてガラテア像を完成させたピ牛マリオンは、召使いのガニマートに像の見張りを言いつけ眠りにつく。ガニマートは、言い付けを守りながらも、ガラテアの像が気になりガラテア像を覗きこみ、思いっきり平手打ち、痛い目にあう。ガニマートが出て行くとミダスが現れ、注文した像について質問する。ピグマリオンの言いつけを守ろうとするガニマート、ミダスのコインの誘惑に負けたガニマートは像の存在を教える。像を覗き込むミダス。そこへ二人の喧騒に眠りを妨げられたピグマリオンが現れる。像を“売ってくれ”“売らない”のやりとりが始まる。歌い終わりミダスとガニマートは出て行く。残ったピグマリオンはガラテア像に語りかける。ガラテア像に命が吹き込まれる・・・。

【曲目】眠りから覚めて/我がトトさんの名は/愛ならば感じさせて/それがギリシャ人 ほか
【出演】ガラテア/ピグマリオン/ミダス/ガニマート/コロス(コーラス)1.2.
【演奏】ヴァイオリン/ピアノ
【人員】出演・演奏×8名 スタッフ×13名 合計21名
【制作費】開催規模に順じます。ご相談ください。

クリックすると元のサイズで表示します
2004年7月10日 東京新聞夕刊

クリックすると元のサイズで表示します
2005年9月7日 読売新聞夕刊



2

2009/1/10

ボッカチオ  
アサクサオペラ!!『ボッカチオ』スッペ作曲


時は大正十二年夏、所は浅草「金龍館」。大評判のオペレッタ『ボッカチオ』の幕が今まさに上がろうとしております・・・。ところがボッカチオ役、フィアメッタ役の人気スタアが時間になっても現れない。さあ、どうする・・・舞台裏は大パニック。果たして幕は無事に開くのでありましょうか・・・。
「恋はやさしい野辺の花よ」のアリアでおなじみ、フランツ・フォン・スッペ作曲の喜歌劇『ボッカチオ』は1879年にウィーンのカール劇場で初演されました。日本では1915(大正4)年、帝国劇場歌劇部が原信子のボッカチオ役で上演。そして一世を風靡した「浅草オペラ」では田谷力三のボッカチオ、安藤文子のフィアメッタで大ヒット、以後、日本ではよく知られる演目となりました。ストーリーは・・・小説「デカメロン」、その挿話に作者ボッカチオが登場。彼が体験で書く“イヤラシイ”小説にフィレンツェ市民は大騒ぎ。道徳をからかい、人間の本性を嗤うボッカチオ、そして彼が見初めた乙女との純情な恋の物語・・・。

【曲目】ベアトリ姐チャン/恋はやさしい野辺の花よ/嬉しい手紙/星になりたや/バラの君 ほか
【出演】ボッカチオ/ランベルトウッチョ/ペロネラ/フィアメッタ/ペロネラ/ベアトリーチェ
【演奏】ヴァイオリン/ピアノ
【人員】出演・演奏×8名 スタッフ×13名 合計21名
【制作費】開催規模に順じます。ご相談ください。

クリックすると元のサイズで表示します
2005年4月14日 朝日新聞夕刊

クリックすると元のサイズで表示します
2005年4月25日 東京新聞夕刊


0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ