2007/12/13

もうちょっと  

久しぶりの更新になり気が付けば12月も半ば。
相変わらず毎日夜なべ。
最近は精神的にもクタクタ。

最近プリンターを買い換えた。
これで3台目。

       クリックすると元のサイズで表示します

印刷するとすぐインクヘッドがおかしいのかすぐインク詰まりを起こす様になりクリーニングしてもすぐ駄目になる。
前に修理にも出したのだけど・・・使いすぎかも。

買い換えるとき店員さんが『どのくらい印刷します?』と言うので『月に100から多いときで300枚ぐらい印刷するんだけど』と言うと『そんなに!!』とびっくり顔。
仕事で使用するから結構使ってるんです。

仕事も後半月!!
良い年を迎えられるよう、もう一頑張り!!
0



2007/12/16  20:23

投稿者:畳刺 父ちゃん

としひろ様

まずお客様は畳の違いというものを知らない事が当たり前と思います。

私の親方もそうですが昔の職人は信用で商売をやっていたので品物の説明などせず大体の金額だけでやっていたのが普通だと思います。
だからお客様は『畳屋さんが言うのならそれでお願いします』と言うのが当たり前だった気がします。

でも今の時代、様々な素人業者やホームセンターなどが畳工事に手を出している現状なので私達《畳屋》が畳の違いや種類などをきちんと説明しお客様が納得して品物を選んでいただけるように勤める努力は必ずしなければならないものと考えます。
それがその道のプロとしての責任でありそれが出来なければ素人産業に変わられてしまう気がするのです。

お客様は私達が説明を怠れば解らないのですから。
違いが解らなければどこも一緒という事になり、安ければ良いとか大きいホームセンターだからその辺の入りづらい畳屋なんかより、よほど良いという事になってしまいますものね。

私達《畳屋》が変われば必ず良い方向に進むと思います。
それに私達がきちんとした国産の品物を付けきちんとした仕事をする事により藺草農家や製畳屋さんなど周りも必然的に良くなるのだと思います。
この道に入り自分達の子供の時代に畳が無くなってしまったり、高級品になってしまったら悲しいですものね。
だからこそ何事も日々努力です。
そしてそれは必ずお客様にも伝わると思うのです。
そしてそれこそが商売を自分の店を繁栄させる一番の近道だとも考えます。
お互い少しでもこの業界が良くなるよう頑張りましょうね。


http://fine.ap.teacup.com/tatamisasi/

2007/12/15  22:53

投稿者:としひろ

私も迷ったのですが、4年前結局業務用を買いました。
取り扱い説明、生産者のパンフ、畳表が出来るまで、畳床が出来るまで、畳床のついてなどなど、お客様に渡す自作パンフが10数種類に増えてしまい、パンフで合計1000枚ほどはがきも畳刺 父ちゃんさんと同じぐらい刷ってます。金額は普通のプリンターの2〜3倍位だったので結果的に良かった気がします。
管理が大変ですが・・・
今の世の中は細かい説明、DMが特の重要なのですかね???
どうなんでしょう。

2007/12/14  21:11

投稿者:畳刺 父ちゃん

hei-soda様

結婚式おめでとう御座いました。
沖縄、素晴らしい日々になったと思います。
風邪に気を付け、良い年を迎えられますように!


http://fine.ap.teacup.com/tatamisasi/

2007/12/14  15:05

投稿者:hei-soda

暮れになると やっぱり忙しくなりますねえ

私もなんやかんやと 忙しくなってきました

風邪ひかんと がんばりましょう。

http://silver.ap.teacup.com/apot-ktontyan/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ