2013/11/8

寝汗に於ける畳への害  畳に関する対処法

こちらは4年前、新畳に入れ替えをして頂いたお客様の寝室の畳です。

    クリックすると元のサイズで表示します

畳の上に布団を敷いていて、『 自分が寝ている畳の下が凹んでしまっておかしくなった 』 という電話を頂きました。
『 それはきっと寝汗で畳が腐ってしまったのでは? 』 と伝え、見に行くと案の定、寝汗で畳がダメになっておりました。

人は寝ている間、必ず汗をかきます。
人により、多い、少ないはあるでしょうが、朝起きて布団を畳む、片すなどをせず、敷きっぱなしが多い場合、畳にこもった水分、熱が逃げる事無く、畳を蝕んでいきます。
すると最終的に畳床が腐ってしまうのです。

    クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します


こちらのお客様、旦那さんと奥様、同じ部屋に寝ているのですが、旦那さんの下だけが腐ってしまいました。
『 冬場でも必ず良く水分を補給するから、俺は寝汗が多いんだなぁ 』 と言っておりました。

畳の上に布団を敷いて寝ている場合、朝起きたら布団を畳むか、位置をずらす、天気の良い日には布団を干すなどを必ずしてください。

万年布団で過した場合、畳は必ず寝汗でいつか腐ってしまいます。
そんな畳に於ける寝汗の害のお話しでした。




1



2013/11/10  1:06

投稿者:畳刺 父ちゃん

福島畳店様

きのこ、生えますよねぇ!!
私は数回見た事があります。

病気などで寝たきりの場合はしょうがないけれど、健康ならほんの一手間を掛けて欲しい物です(願)

2013/11/9  16:50

投稿者:福島畳店

寝汗って凄いんですね。
私も汗っかきなので気お付けなくては・・・
数年前、賃貸物件で布団を上げないで腐った畳の入れ替えをしましたが、キノコが生えてました。ビックリ!
布団は朝畳んで押し入れに又はずらす等の、ほんの少しの手間が大事ですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ