2008/9/23

お寺仕事  畳表替え

今日は秋分の日でしたがHPよりのお客様の仕事でした。
先週忙しくUPしていなかったお寺の仕事の紹介です。
親父様のデジカメを借り何枚か写しましたので。

9月1日から始めたお寺さんの仕事は土日を除き12日に作業の方を終わらせる事が出来ました。
庫裏から始めた仕事ですが9尺の床の間の修正(すのこ部分)があったのですが残念なことに写真を取ることが出来ず残念なことに。
庫裏の仕事が終了し今度は本堂。

最初の本堂

  クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します 

   クリックすると元のサイズで表示します

普通、お寺の本堂ではない敷き方が気になり寸法を取り直し直すことに。
外陣の畳との関連もあり見通しを合わせながら相対の丈幅約1寸違う寸法を何とか修正しながら、

  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します
  縫い方も普通とちょっと違う親方から引き継いだ技術なのです
  クリックすると元のサイズで表示します
  大きく寸法を出す場合カイゴモをつくり縫い付けるのですが今回はゴザと藁で
  クリックすると元のサイズで表示します

本来なら寸法修正代を頂くところですが自分が気に入らず勝手にやったこと。
もちろん御代は頂きません。
新畳にすれば楽なのですがそこは腕の見せ所!
ご同業の方ならこの苦労、解って頂けるはず。

本堂の工事をやっていると気になる不思議な事を発見。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

普通大工さんなどが床下を点検するため釘を打たずタルキの上に板を置く事がありますがこれはタルキにそって床板がスッポリ抜けています。
しかも人ひとり通れる位に。おまけに床下から切ったと思われる畳の裏にも電ノコで切った跡まで・・・これはもしや・・・。
3〜4年前泥棒が警察に捕まり、ここのお寺にも縁の下から入ったと自供したと言う話を聞き、やはりなと思いました。

    クリックすると元のサイズで表示します
        もちろん床直しもしました

そんなこんなで寸法修正しながらの工事終了!
本当はすべて黒無地縁だったのですが、自分がやったついでに正面だけ白中紋をつけ紋縁に(もちろん御代は頂いておりません)

      クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

手間が掛かり大変でしたが住職にもお喜び頂き良い仕事が出来ました!
合掌!有難う御座いました。
0



2008/9/25  23:02

投稿者:畳刺 父ちゃん

hei-soda様

この性格、良いのか悪いのか?
損して得取れでしょうね。
でも自分が気になったままの仕事はしたくないもので。
・・・和歌山までですか!?
カ、観光に行きたいです(笑)



http://fine.ap.teacup.com/tatamisasi/

2008/9/25  22:57

投稿者:畳刺 父ちゃん

sugitatami様

床下からの浸入、よくやったと思います。
出る時、あの重い畳をよくピッタリ床下から入れたものだと関心さえしました。

ともかく無事終わってホッとしました。

http://fine.ap.teacup.com/tatamisasi/

2008/9/25  8:13

投稿者:hei-soda

気になると、手間を惜しまずいいものを

職人気質がいいですねえ

その気持ちが、次の仕事につながるのですね

”白中紋の紋縁”きれいですね むつかしそう

”(もちろん御代は頂いておりません)”

職人気質!
うちのほうにも出張してほしいなあ(笑)

2008/9/24  19:21

投稿者:sugitatami

手間が掛かった仕事、ご苦労様でした。

>3〜4年前泥棒が警察に捕まり、ここのお寺にも縁の下から入ったと自供したと言う話を聞き
凄い話ですね!!!ルパンの世界ですね!

>本当はすべて黒無地縁だったのですが、自分がやったついでに正面だけ白中紋をつけ紋縁に
 他店様にない、凄い特典ですね!!!


http://sugitatami.blog.ocn.ne.jp/myblog/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ