4/26の創作塾

2010/4/26 | 投稿者: 事務局

第10期有栖川有栖創作塾の四回目の授業です。


クリックすると元のサイズで表示します
授業前、塾生Tさんが有栖川塾長に何かプレゼントしていました。


クリックすると元のサイズで表示します
某家電量販店からもらってきたというタイガースグッズ。
カレンダーとクッションです。

有栖川塾長が熱心なタイガースファンなのは、もはや周知の事実。
普段は野球を見ない塾生さんでも、タイガース関連の情報を目にすると、つい有栖川塾長が脳裏に浮かぶのだとか。


クリックすると元のサイズで表示します
有栖川塾長はとても喜んでおられました。

野球のルールは複雑すぎてよくわからないという人も塾内にはいます。
有栖川塾長は、

「知ってますか? ピッチャーとキャッチャーって、実は同じチームの仲間なんですよ」

と、冗談で言ってるのか本気で教えようとしているのか、判断しづらいジョークを飛ばしていました。

ちなみにカレンダーは、スタッフの方がもらっていたようです。


クリックすると元のサイズで表示します
さて、本日の授業。
欠席者が1名いました。
最近は暑くなったり寒くなったりと、気候の変化が激しいようなので、体調も崩しやすいかと思われます。
お体は充分にご自愛くださいませ。


クリックすると元のサイズで表示します
今日の合評中では、「壁をぶち破ろう」という話がでました。

ある塾生さんの作品について、「言いたいこともうまく表現できていて、小説として形にはなっているが、何かが足りない」という指摘が入りました。


クリックすると元のサイズで表示します
その何かを補うために有栖川塾長が提案したのが、「『シリーズもの』を意識して書いてみよう」というものです。

今までその塾生さんの作品は、シリーズものを意識したようなタイプではありませんでした。
どちらかというと、純文学よりなものだったとか。
純文学にシリーズもの(同じ登場人物が他の話でも活躍するもの)は、あまりありません。

その純文学風の作品で煮詰まっているのなら、その壁を壊すためにも、エンターテイメント小説でよくある「シリーズもの」を意識してゼロから書いてみてはどうか、という話になったのです。


そうすることで、未知の世界を開拓できるかもしれません。
試行錯誤しながらがんばってみてください。


クリックすると元のサイズで表示します
授業終了後の雑談タイム。
合評中に出たシリーズものの話や、タイガースグッズの話に華が開きます。

・・・おや?
画像右になにかいませんか?


クリックすると元のサイズで表示します
キツネがいる!
なんでなんで!?

我々はさっそく未知の世界を開拓してしまったのでしょうか?
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ