2007年頃の先生へのインタビュー

2019/2/5 | 投稿者: 事務局

スタッフの中村です。


2007年頃に有栖川有栖先生にインタビューした時のテキストを掲載致します。

もちろん先生自身のお考えも、この12年でアップデートされていると思います。

ですが、創作塾に来る方にはぜひ読んで欲しいと思っています。

僕は作業の傍ら、授業を見ておりますが、作者や作品に対する先生の一言一言には、この当時おっしゃっていた事が核として今も残っています。

書き続けること、書き上げること。

よく聞く先生の言葉です。

それが何を意味するかは、創作塾に通われている方はお分かりでしょうし、これから来る方にも伝えたいなぁという思いです。

先生はお忙しいですが、時間を見つけて今度は「創作塾、10数年を振り返って」というテーマでインタビューしてみたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

2007年某日某所


 私自身、自分が講師になって小説を教えるなんて、まずないだろうと思ってました。

 まだ、自分が人に教えるほどのものでもない、という気持ちもあるんですが…。

 それでも、私も作家になって19年になりますから新人ではないですよね。という事は、少なくとも私には「経験」があります。小説というジャンルゆえに、教えられる部分と教えられない部分は確実に存在しますが、私の経験からアドバイスできる事は必ずあるはずだ、と思います。

 難しいのは「昨日、作家になろうと思った人」と「何年も前から小説家を目指して書いている人」など、様々な人が来るという事です。

 だからと言って、前に出てごく基本的な事をしゃべるだけでは、わざわざ創作塾に足を運ぶ意味はありません。

 本屋によく置いてある「小説家に必要なのは?」といった類の本を一冊読めば、事足りるのですから。

 場合によっては、そちらの方が情報量が多かったりするかもしれません。

 ではどうするか?

 課題を出し、その人の作品を本人を交えて添削する事。

 そしてその結果を全員で共有する事、です。

 それでこそ、足を運ぶ意味もあるし、何より楽しくやれるでしょう?

 創作活動に苦しみは付きものですが、少なくとも「自分は前進している」という自覚が、それを乗り越える力になると思います。

 授業内容をガッチリ決めて進めるのではなく、来た作品によって対応する。その方が役に立つと思いますし、話す内容も広がっていくと思います。

小説ですから、教えられる部分と教えられない部分があります。

 取っ掛かりは、やはり「技術的な」事でしょう。これは直せば解決します。私の書いたものも、もちろん編集者に直されるわけです。

 しかし、そこで「この考え方はおかしい」という直し方はありません。
 それは描く作家の世界なのですから、そこまで変えさせるのはナンセンスだと思います。

 ただ、「この表現ではわかりにくい」とか「ここは曖昧ではないか」といった、客観的な指摘はあります。間単に言うと、せっかくの作家の世界が充分に伝わりきっていないという事です。

 明らかにこうである。そう言えるのは技術的なことになります。
 しかし、こう描きたいという「作家の魂」とは別か? と言われれば、これがそうでもないのです。

 「あれを書きたい!」「ならば、こういう書き方が適している」というものがあるんです。

 それを伝える、というのが『創作塾』のスタンスになるでしょうか。

 言うなればアドバイスに近いのかもしれません。
 それをどのように利用するのか? それはそれぞれが選択すべき問題ではあります。

 そこを強制すると、せっかくの作家性がなくなってしまう事になりますから。

 私自身、ここでは「塾長」となっていますが、「講師」だとは思っていないんですよ。
 同時に「生徒」という目で皆さんを見てもいません。

 過去の自分、小説を書き始めた頃の自分を見ているような感じですね。

 なので、一人の小説家として接しようという気持ちがあります。

 前にも言いましたが、私には経験があるわけですから、言うなれば「先輩と後輩」みたいな関係ですね。この辺のこと詳しいから、案内してあげる、という感じです。

 自分ではなかなか気付かないけれど、人から言われて気付くことってたくさんあるでしょう。そのまま一人でやっていても気付くかもしれませんが、同じ気付くなら早い方がいい。それに教えてもらえるんなら、そっちの方が得です。

 塾生さんたちも、その方がいんじゃないかな? と思います。秘伝とか教えるワケじゃないですしね。そんなのがあるんなら、私が知りたいですよ。(笑)

 どんどん私を利用してほしいと思います。

 みんなも「自分の知らない事を知っているんだろう」という期待を持って来るのでしょうから、こちらが伝えられるものは、全部伝えようと思います。

 
 作家が自分のスキルや経験を他人に教えるという事は、ライバルを増やすことになるわけだから、普通はあまりないのかもしれません。

 
 私は、教えたところで減るモンじゃないし、なんて思っていますけどね。

 一番凄い才能を持っている人がプロになるわけではありません。

 やった人がプロになるんです。

 やり続けた人が、認められるんです。

 どんなに凄い才能でも、表に出さなければ無いのと一緒です。

 小説で言うのなら、小説を上手く書ける人がプロになるんじゃないんです。
 書き続ける人が、なるんです。

 どんなに凄い文才を持っていても、書かなければ論外です。むしろ書かなければ自分の文才にも気付けないままです。

 書かない天才よりも努力して書く凡人ですから。

 準備ができていないとか、もう少し時期を見てからとか、そういう事を言うくらいなら、今すぐ書きましょう。紙とペンがあるなら、書けます。

 ところで、「小説家になる」のと「プロになる」のとは、また違います。

 小説家だと名乗れるようになるには…、これも同じです。書き続ける事です。
 自分を信じて、突き進んで下さい。





有栖川有栖 創作塾 第37期の塾生を募集しております。

3ヶ月の短い講座ですが、内容はとても濃い3ヶ月になります。


締め切りは3月7日迄となります。


創作塾 第37期講義日程

3月11日月曜日

3月25日月曜日

4月8日月曜日

4月22日月曜日

5月13日月曜日

5月27日月曜日



詳しくはホームページをご確認頂き、ご不明な点がありましたらメールにてお問い合わせください。
4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ