11/12の創作塾

2012/11/12 | 投稿者: 事務局

最近、明け方が異常に寒いです。
そのくせ私は寝相が悪く、毛布を蹴飛ばしたりするものですから困り者です。
周りにそういう方はいらっしゃいませんか?

さて、少しずつ寒くなってきた11月12日。
本日から有栖川有栖創作塾の再開です。

今回はなんと第18期。
節目の20期まであともう少しです。
思えば第1期がスタートしてから、もう6年以上も経つのですねえ。

有栖川塾長、ご苦労様です。
ちなみに当時のスタッフは別の人間でした。


クリックすると元のサイズで表示します
これが第18期有栖川有栖創作塾に集結したメンバーだ!

と、少年誌のようなアオリ文で紹介。
今回は新規の塾生さんが2名、継続の塾生さんが6名で、合計8名です。


クリックすると元のサイズで表示します
ちなみにこちらが今回の継続塾生のみなさんです。
あとの2名は都合により欠席です。


クリックすると元のサイズで表示します
有栖川塾長「なんだかOB向けの記事になってますねぇ」

※注
実際の有栖川塾長はこんなことを言っていません。


クリックすると元のサイズで表示します
さて、初回の授業は例のごとく自己紹介から。

新塾生の方も本ブログにより、初回は自己紹介だとご存知だったようです。
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
本ブログでは時折、妙な表現が出てきたりしますが、どうかご容赦を。


自己紹介では、継続生の方が授業のない1ヶ月の間にしていたことの報告、そして今期の意気込みを。
新塾生の方は自分の好きな作家さんから、書きたいジャンルなどを述べていただきます。


本日の有栖川塾長の名言。

「ここでは、ここだけの話にできますので」

創作塾は作品の意見交換をする場所。
つまり本音でぶつかりあうことになります。
ほかの場所で言いにくいことでも、思い切って言うことができます。
また有栖川塾長からも、ほかでは絶対に聞けない創作姿勢などを聞くことができます。

そう、「ここ」では「ここ」だけの話ができるのです!


Q.「ここ」とはどこのことですか?

A. 有栖川有栖創作塾です


クリックすると元のサイズで表示します
しかも有栖川塾長の講義を録音して、あとで聞きなおすことも可能です。


クリックすると元のサイズで表示します
そんな感じで始まりました、第18期有栖川有栖創作塾。
また交流会も行ないますので、OBの方もどんどん参加してください。


1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ