2014/2/23

最終予選を終えて。  枚方

数年前には40名に達したJO出場者が今回は17名となりました。

40名は出来過ぎでしたから少しぐらいの変動は考えていました。

減っていく前兆がなかった訳ではなく、それに対する対応もその都度考えていましたが、それでは甘く雪崩式に増えていく悪循環を止めることが出来ませんでした。

まだ、弱体化が止まった訳ではなく、強化への道は険しいと考えています。

ただ、がんばってプールに通ってくれている選手たちの目は輝き、希望に満ちあふれています。

4月から新たな新体制でスタートしますが、20年前枚方ssが開校したときの、弱くても遅くても練習を休まず、ただひたすらがんばっている選手たちとともに歩む、そういった初心戻った場所にに立つつもりです。

今、帰りのバスのなかで数年前に流行ったルーキーズを見ていました。
その映画の中には最終予選でいろいろ味わったコーチ、選手たちの胸にグサグサ刺さる言葉がいっぱいでした。
大声で雄叫びをあげる結果が出た直後に0、数秒で涙する選手を迎える。
映画の中で希望、夢、精一杯などとコーチたちが口にする言葉が飛び交い、夢を叶えていく。
目標を達成させてあげられなかった、夢を叶えてあげられなかったコーチ陣にはかなりきつい映画だったはずです。

ここから全国大会へ向けてトレーニングする者、夏へ向けて強化を始める者に分かれますが、今まで以上に妥協せず目標に向かって強化していきたいと考えています。
クリックすると元のサイズで表示します
夢にときめけ、明日にきらめけ!
17




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ