こんにちは!

ミノダのミノはタケカンムリ、簑田 弘大です!

簑田 弘大BLOGへようこそ!!

普段考えてることや思いついたことなど、かきつらねています。

また、コンサートやレッスン、作品リスト、試聴音源などの最新情報も公開されています。

どうぞお楽しみください!!


簑田 弘大 Home Page

Twitter

Facebookページ



2006/6/5

世界の中心で、愛をさけぶ  映画鑑賞感想文

いわゆる"せかちゅー"をやっと見ました。だいぶ面白いと聞いていたので、期待していましたが、期待通りでした◎
主人公は結婚直前の男。しかし突然婚約者が失踪。男は追って生まれ育った地元に戻る。そこでいろいろなことが思いだされる。場面は高校の時になる。まだ高校生だった主人公はある女の子とつき合うことになる。二人はラジオの番組でどっちが先に採用されるか競争する。そしてある日主人公のが流れた。内容は、「うちのクラスの女の子がロミオとジュリエットでジュリエット役になったが、白血病になり長かった髪が抜けてできなくなってしまった。」というもの。次の日、勝利でうかれている主人公に対してその女の子は冷たい態度で無視する。というのも、今度ロミオとジュリエットを実際クラスでやる予定で、その子はジュリエット役だったし、それ以上にそんな嘘の話でしかも白血病というのをネタにつかったことに対して腹をたてていた。しかし、主人公はあやまりなんとか仲はもどったがその後事件は起きる。夏に旅行に行くことにした二人。旅行でいろいろ語って、楽しいひとときを過ごしたが、帰りに女の子は倒れてしまう。なんと白血病になったのだ。親に内緒で行ったため主人公は女の子の父親に殴られる。病院に入ることになった女の子は、主人公に励まされながら病気と闘うが、同じ病院の同じ白血病の友人が死んだことで自分の死も意識するようになる。死ぬ前にオーストラリアに行きたいという女の子。それは、旅行に行った時に見つけた古いカメラに写っていた場所だった。なんとか願いを叶えてあげようとする主人公。しかしいざ行くという時、天候は最悪。台風が迫ってきて飛行機は欠航。このチャンスを逃せばもう行けないだろうということは本人も、主人公もわかっていた。「たすけてくださーいっ!!」そして、現代に場面はもどり、主人公はあの時の女の子と出会う。時空を超えて。それが女の子の霊なのか思い出の中の存在なのかはわからない。そしてそれ婚約者が見てしまう。実はもう一つ話があった。その婚約者は昔女の子が入院してるときお母さんが同じ病院に入院していて知り合いになり、届けることができない女の子の代わりに手紙を主人公に届けていたのだ。しかしそれが今のその主人公だったとは知らなかった。そして、最後の手紙を届けるとき、その子は事故にあい届けることができなかった。飛行場で会った二人は全てを知った。そして、二人は最後の役目を果たす。
とても面白いです。感動しましたよ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ