こんにちは!

ミノダのミノはタケカンムリ、簑田 弘大です!

簑田 弘大BLOGへようこそ!!

普段考えてることや思いついたことなど、かきつらねています。

また、コンサートやレッスン、作品リスト、試聴音源などの最新情報も公開されています。

どうぞお楽しみください!!


簑田 弘大 official site

簑田 弘大 Facebook

簑田 弘大 You Tube チャンネル

簑田 弘大 Twitter



2011/1/6

アンサンブル室町公演終了!!〜今年も大変だった〜  たまに日記

今年の初演奏は、今回で4回目になるアンサンブル室町の公演でした。

今回は東京文化会館の小ホールで、出演者が多いので舞台を上げたり下げたり、また客席の方まで使った演出でのパフォーマンスでした。

常に前衛的なプログラムでお届けするアンサンブル室町ですが、出演者はいつもガチで大変です!!
というのも、元々和楽器と古楽器というコラボレーション自体新しいので、曲は常に新曲もしくは編曲ものの新譜という感じなので、合わせもいっぱいいっぱいで。。
本当に0から生み出して創り上げていくという時を体験できる貴重な瞬間です。

しかも、新曲は、作曲家の方たちも気合いを入れて作っているので、特殊奏法なんかも多くて、自分自身初めてだし、聞いたことも見たこともない奏法を書かれていたりして、試行錯誤で奏法あみだしてます、笑。
今通信簿もらったら、創意工夫の項目は絶対Aもらえるな。

それは、三味線だけに限ったことではないので、参加している人たちには本当に尊敬します。和楽器も古楽器も舞踊関係も。
想像力と創造力、忍耐、柔軟性、対応力、個性、色んな要素を持ち合わせていないとできないと思います。

そんなカオスの状況の中ででも、良いパフォーマンスをしている人を見ると、刺激されます。
やっぱり、音楽上のことについては誰もが素直に認めるし、自分もそれを目指しているので、一回火がつくと、ちょっとしたレース風になる時があります。

これでもか!!くらいに特殊奏法をやってみたりして。
誰が一番強い印象を出せるか!!みたいな。
この具合で、誰がどのくらいストレスたまってるかわかります。
そういう部分は半分ストレス解消ですから。(なんて、作曲家に知れたら怒られるな。。。)

そして、指揮者に「そこはもう少し静かに、、」とか言われたりして。。。

そんな一喜一憂のなかでの創作でした。

今年は既にもう1回公演が決まっています。
サントリーホールで行われます。

またぜひいらしてください。

フランス人作曲家、アラン・モエーヌ氏と。(今回「monogatari」を作曲。初演。)

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ