こんにちは!

ミノダのミノはタケカンムリ、簑田 弘大です!

簑田 弘大BLOGへようこそ!!

普段考えてることや思いついたことなど、かきつらねています。

また、コンサートやレッスン、作品リスト、試聴音源などの最新情報も公開されています。

どうぞお楽しみください!!


簑田 弘大 Home Page

Twitter

Facebookページ



2008/5/22

昨日は緊張  たまに日記

 昨日は日本音楽集団の定期演奏会でした。来てくれた皆様ありがとうございました。
 そして昨日は今までにない緊張感が漂っていました。全体的に。三木稔作曲の「巨火」は現代邦楽の曲の中でも恐らく一番絶対的パート数が多い曲だと思うのですが、その曲をさらにかつてない大人数での編成で演奏しました。演奏する方も、どうなるのか期待と不安が入り交じっているような感じで、異様な雰囲気にのまれていました。出演者数も相対して多くなるので、楽屋やステージ裏もとてもたくさんの人がいて賑やかでした。最近は大編成の曲がしばしばでますが、それにしても今回は多かったと思います。全楽器ありましたし。
 その雰囲気にのまれてかどうかわかりませんが、自分自身結構緊張しました。最近では珍しいくらい緊張度がありました。特にソロとか、とても大変とか、ヤバいとかではなかったんですけどね。やっぱりアンサンブルはお互いが良くも悪くも刺激しあうのでなんとなくその空気からもらったのかもしれません。
 まあ、結果的には新しい可能性が見いだせたのではと思っています。反省はあるにせよ。

 これから、大編成というのは一つのキーワードになっていくのではないかと自分的には
思っています。やはりどんな音楽を聞いても独奏の良さ、合奏、アンサンブルの良さ、合奏、アンサンブルでも小編成の良さ、大編成の良さはどれも違ってそれぞれ独特の醍醐味があります。どの方面もこれからまだまだ開発の余地ありですが、特に和楽器の合奏において、大編成アンサンブル(今回の限度にとどまらない)は開発の余地ありまくりだと思います。しかも自分的にかなり期待している部分なので、これが次につながるステップになるといいと感じています。

 良い音楽がうまれた時は、どこからともなく良い風がながれてきます。かなり心地よい。そして、合奏の終わったあとにこみ上げてくる感情は、独奏の時とまた違ってそれもまた良い感情です。やみつきになるな。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ