こんにちは!

ミノダのミノはタケカンムリ、簑田 弘大です!

簑田 弘大BLOGへようこそ!!

普段考えてることや思いついたことなど、かきつらねています。

また、コンサートやレッスン、作品リスト、試聴音源などの最新情報も公開されています。

どうぞお楽しみください!!


簑田 弘大 official site

簑田 弘大 Facebook

簑田 弘大 You Tube チャンネル

簑田 弘大 Twitter



2021/12/21

日本の伝統楽器と西洋オーケストラと声優の響演  演奏履歴

こちらの公演は終了しました。
たくさんの方にご来場いただきありがとうございました!


所属する和楽団 煌主催の文化庁AFF事業公演です!

和楽器がオーケストラと共演、そして声優の方たちによる朗読も加わります。

和田 薫氏の新作コンチェルトでは、箏、三味線、尺八の3人の和楽器奏者のソロイストとオーケストラによる交響をお届けします。

そして、その三味線ソロイストをつとめさせていただきます!

ぜひ新しい音楽が生まれる瞬間を観にお越しください!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

『日本の伝統楽器と西洋オーケストラと声優の響演』
2021年12月21日(火)
17:45開場 18:30開演
紀尾井ホール(千代田区紀尾井町6-5)
全席指定 一般 5,000円 学生 2,000円

【出演】
和楽団 煌
 あかる 潤 (篠笛・龍笛)
 阿佐美 穂芽(箏)
 石田 真奈美(箏)
 大野 理津 (編曲・ピアノ)
 岡山 亮子 (十七絃)
 久保田 晶子(琵琶)
 鈴木 麻衣 (箏・十七絃)
 田中 奈央一(箏・三味線)
 田中 涼二 (篠笛)
 友常 毘山 (尺八)
 松岡 幸紀 (尺八)
 簑田 弘大 (三味線)
 山水 美樹 (箏・十七絃)
《助演》
 木場 大輔 (胡弓)
 三浦 元則 (篳篥)
 管原 ユーリ(笙)
 安倍 真結 (打物)
和田 一樹(指揮) with ワンダー・フィルハーモニック
声劇和楽団

【プログラム】
第1部 和楽器とオーケストラの交響
『カルメン・セレクション〜東西の風』作曲:G.ビゼー 編曲:大野 理津
『和洋で奏でる珠玉のひびき 日本のうた名曲選』編曲:大野 理津

第2部 和洋の音で綴る日本昔話
『浦島太郎〜時を止め 今玉手箱は閉じれども 開ければ響く永久(とこしえ)の歌』
◎脚本:西瓜 すいか 作曲:旭井 翔一
《CAST》
堀江 一眞(浦島太郎) 高井 真菜(乙姫) 平井 善之(龍王)
藤田 侑花(さざなみ) 太田 秀介(うずしお)

第3部 4人のソリストと和洋オーケストラによる現代の響き
『NHK大河ドラマ”いのち”テーマ』作曲:坂田 晃一 編曲:大野 理津
『四響譚詩』作曲:和田 薫

※全て新作・改編新作初演です

*******

日本の伝統楽器と西洋のオーケストラと声優によるコンサートです。和楽器奏者と作曲家が所属する当団で、新たな音楽を創作する試みとして、和楽器と洋楽器のコラボレーションによる響きを探っていきます。全て新作初演です。
指揮は、ブカレスト国際指揮者コンクールで準優勝、後にヨーロッパデビューを果たした和田一樹さんにタクトを振っていただき、ワンダーフィルハーモニックオーケストラをお招きして響演致します。
第1部では、西洋音楽のカルメン、日本のうた至極の名曲選を和洋混合編成でお届けします。
第2部では、音楽朗読劇ユニット「声劇和楽団」をお招きし、声優による朗読劇を和楽器と洋楽器による音楽とともにお届けします。今回のために書き下ろした「浦島太郎」を和洋の美しい音色で綴り、声優が劇的なドラマを織り成します。
第3部では、壮大なオーケストラをバックに4人のソリストたちがコンチェルトをお届けします。
まずは現代版大河ドラマの一作で、人気を博した「いのち」のテーマ曲をピアノメインの和洋折衷版で展開致します。ラストは和楽器のソリストたちが超絶技巧を魅せる新作コンチェルトをお届けします。和楽器・洋楽器を巧みに操る気鋭の作曲家 和田 薫氏に新作を委嘱し、箏、三味線、尺八の3つの楽器がそれぞれフィーチャーされたトリプルコンチェルトを世界初演致します。
オリンピック/パラリンピックイヤーとなった今年2021年に、日本の伝統楽器の新しい可能性を広めていけたら幸いです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ