こんにちは!

ミノダのミノはタケカンムリ、簑田 弘大です!

簑田 弘大BLOGへようこそ!!

普段考えてることや思いついたことなど、かきつらねています。

また、コンサートやレッスン、作品リスト、試聴音源などの最新情報も公開されています。

どうぞお楽しみください!!


簑田 弘大 Home Page

Twitter

Facebookページ



2007/6/5

日本音楽集団第187回定期演奏会 伊福部昭音楽祭  演奏履歴

日時 2007年5月25日(金) 6:30pm開場 7:00pm開演
場所 第一生命ホール(大江戸線勝どき駅より徒歩8分)
曲目 日本音楽集団版交響譚詩,二十五絃箏曲「琵琶行」ー白居易ノ興ニ效フー,SFファンタジー 邦楽器版,郢曲「鬢多々良」
出演者 日本音楽集団団員
    二十五絃箏 野坂 惠子(客演)
TICKET 日本音楽集団ホームページをご覧下さい

 日本音楽集団第187回定期演奏会は伊福部昭音楽祭〜師に捧げる邦楽コンサート〜です。
 『伊福部先生ありがとうございました』
 昨年(2006年2月8日)、日本作曲会の重鎮、伊福部昭氏が享年91歳で永眠されました。
 本年3月4日、伊福部昭音楽祭実行委員会(代表:今井重幸)主宰によって一年祭(神道上の祭り)が開かれました。
 氏の作品群の中には、洋楽のみならず邦楽器のための素晴らしい作品もたくさんあります。私たちのために作品を書き、親しくご指導くださったことに感謝をし、日本音楽集団でも師に捧げる音楽祭を開くことにしました。唯一の邦楽器合奏曲、郢曲「鬢多々良」(1972年文化庁委嘱・集団初演)は、現代邦楽界にとって大きな財産となりました。この曲では第1箏が大きな役目をしますが、今回は初演に関わった野坂惠子氏を招いての再演です。野坂氏はその後も伊福部昭氏のご指導を受け、二十五絃箏のための作品を委嘱して、数曲の作品が残されたことは貴重なことでした。
 一昨年5月の定期では「交響譚詩」日本音楽集団版編曲にあたり、秋岸寛久が師のご自宅を訪ね、直接ご指導を受けました。そして初演の際には、本日と同じ客席で熱い眼差しで聴いておられた姿が忘れられません。ここに師の邦楽器作品を特集し、伊福部昭音楽祭として捧げたいと思います。 (チラシより 田村拓男)
 チラシ、チケットあります。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0



2007/11/11  21:48

投稿者:kohdai

>行本 とよ子さん

 メールをお送りしました!!

2007/11/3  23:03

投稿者:行本 とよ子

こんばんは!11月3日、愛媛県、丹原文化会館でコンサートを聴かせていただいた着物を着ていた者です。ありがとうございました。買ったCDを車の中で早速聴きながら帰りました。自分が日頃弾いている曲と違った印象で珍しく楽しく聴かせていただきました。曲によっては、歴史ドラマに向いた曲かな?などど思うものもありました。
 メンバーの方がみなさん若いので、エネルギーをいただきました。私はフルタイムで仕事をしているのを理由に、大して練習していないので、「もっと練習しなければ」と励まされました。邦楽の音色は本当にほほっとします。これからもお体に気をつけて、ご活躍ください。そして、また、愛媛にいらっしゃってください。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ