音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2008/8/15

大雄山へ  日記

みんなお休みですね。アクセス数もお休みです。

さて、昨日の続きですが、
小田原城にいって、それだけで帰ってくるのももったいないので、
小田原から出ている大雄山線というローカル電車に乗ってきました。

で、ただ乗るだけでも面白くないので、
終着駅からバスで10分ほど行ったところに大きなお寺があるというので、
そちらにも寄ってきました。

大雄山線は伊豆箱根鉄道の電車です。

改札がJRや小田急とは離れていて、
そのあたりからなんともいい味を出していますね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

単線なんだけど、1時間に5本も出ていて利用客もそれなりにいました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

全体の区間が短いこともあって、すれ違いもほぼオンタイム。
ほとんどの駅が無人駅だったんだけど、そこで面白い機械を発見。

クリックすると元のサイズで表示します

ICカードの読み取り機です。

自動改札機に簡易式のを取り付けてあるのは見たことがあったけど、
単体で置いてあるのは初めて見ました。

なるほどね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

で、あっという間に終着駅である大雄山駅に着きました。
そこからはバスに乗って大雄山最乗寺道了尊に向かいます。

まあ、そもそもこの大雄山線は、
この最乗寺への参拝客のために作られたということなので、
ついでに寄るなんてのは失礼な話だったんだけどね。

最乗寺の参道はみごとな杉並木となっていて、境内にも大きな杉が。

クリックすると元のサイズで表示します

ここのお寺は、初夏にはアジサイが、秋には紅葉がみごとだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

で、このお寺には天狗が祀られているんだけど、
その天狗の履く高下駄がたくさん奉納されているのも特徴的です。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

下駄は左右で一対をなすことから、
夫婦和合を願って奉納していく人が多いということなんですね。

中には滝も流れていて、とても涼やかでした。

クリックすると元のサイズで表示します

時間と体力と気力があれば、
杉並木の参道を歩いて帰ってもよかったんだけど、
今回はバスに乗って、途中にある温泉施設「おんりーゆー」に寄ることに。

自然の中ではいる露天風呂は気分がよかったですね。
自然が豊かすぎて虫が飛んでくるけどね。

施設は最高だったけど、スタッフの対応はいまいちでした。

ということで、後半は自然に囲まれたすばらしい時間でした。
森林浴ってのもいいですね。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ