音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2006/7/19

「ゆれる」  映画

今日はひさしぶりに映画を見に行きました。

見たのは「ゆれる」という映画なんだけど、
おすぎがとくダネか何かで絶賛していたので、ちょっと見てみようかと。

ミニシアター系ということなのか、
この映画の配給はシネカノンというところだったんだけど、
上映しているのが都内では3ヶ所の模様。

そのなかの1つが立川のシネマシティだったので、都合よかったですね。

この配給会社は、あのジダンの映画も配給しているんだけど、
よかったのは他の映画の予告編が流れなかったってこと。

映画館も、この間の「明日の記憶」とは違って、
77席しかない小さなところがあてがわれていました。

新しく作ったのか、ソファはふかふかでよかったね。
しかも、ネットで予約していったので、席も一番後ろ。

さて、あらすじは公式WEBページででもさらってほしいのですが、
オダギリジョーが主演ってこともあって、気だるさ全快。

その感じがいつも見る映画とは違ったので新鮮でした。

ピエール瀧の演技もよかったけど、
やっぱりキム兄(木村祐一)の演技がすばらしかったですね。

ぴったりはまり役って感じ。いやらしい検事でした。

「ゆれる」ってのは、まさに主人公の心の動きなわけだけど、
本当のことを言うのか言わないのか、兄をかばうのかどうか、
そこを迷っているという、そんな「ゆれ」のことを言っているんだ、
と見る前は勝手に思っていましたが、違いましたね。

映画も展開がけっこうあって、
最後まで見てようやく真実が見えてくるわけです。

俺はちょっと鈍いから最後になるまで気づかなかったけど、
実はそういう「ゆれ」ではなかったのではないかと思いました。

そんな単純な「ゆれ」ではないんですよね。
そんな単純なものならあんな映像や脚本は要らないはずです。

そこはそれぞれが感じてもらいたいところです。


映画のあとはやっぱりお買い物。
今回は計画的なものですので。

八王子に移動して、いつも行く洋服やさんにスーツを買いに。

灰色のスーツが上も下もダメになってしまったので、
買い換えることにしたんですね。

新学期から着ていくんだろうけど、
前のと同じMICHIKO LONDONのなので、
実は気づかれないかもしれませんけどね。

ってことでした。


あ、沖縄の詳細はもうちょっと待ってくださいね。

明日あたりには書けるかなー。



2006/7/30  14:42

投稿者:KEIN

はじめまして。

小説もあるんですね。知りませんでした。
映画を観てから小説を読むといいかもしれませんね。

ゆれているさまを文字で見るのと映像で見るのとではずいぶんと違うんでしょうね。

2006/7/30  12:14

投稿者:ちゅら

はじめまして。

私は「ゆれる」の映画ではなく本を読みました。ちょっと奇妙で、夜眠れませんでした・・・笑

2006/7/27  19:25

投稿者:KEIN

こんにちは、はじめまして。

上映館が少ないのですが、ぜひともご覧ください。

オダギリジョーファンとかなんですか?
関係なかったらごめんなさい。

2006/7/27  17:43

投稿者:みこ1110

はじめまして
私も見に行ってみたくなりました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ