音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2020/3/29

琉球庭園「識名園」  旅の話

ガッツリ雪が降っています。外が静かでいいですね。
雪がやんだらスーパーに行こうかと思っていましたが、今日はあきらめます…。

さて、この寒い中で沖縄の話をしていくわけですが、
首里城公園から石畳道を通って南へ。

大きな道に出たところでタクシーを拾って、次は「識名園」へ。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

「識名園」は、琉球王家最大の別邸だということで、およそ200年前にできました。
お城と庭園がセットというのはどこの文化でもそうなんですねー。

こちらでも、南国の木々のなかを通り抜けていきます。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

庭の真ん中には池があって、メダカのようなものがたくさん泳いでいました。
そして、それを見ていたら、イモリまで登場。泳ぐんだねー。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

さらに進むと、御殿が。沖縄では「うどぅん」と読みます。
御殿と池が少し離れているので、それが広さを感じることができますね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

中に入ることができたので、ぐるっと見てきました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

池の反対側から御殿を。池に架かる橋もいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

池に浮かぶ形で六角堂が建っています。こちらは東屋だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

さらに奥に進んでいくと、勧耕台という見晴らし台に。

ここからは、那覇の街並みが見えるわけですが、
どの方向を見ても海が見えないんですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

琉球の人々はこの見晴らし台に中国からの要人を案内して、
琉球が小さな島国ではないということをアピールしたんだそうです。

とてもいい雰囲気の庭園で、ここは本当に行ってよかったです。

沖縄本島に行くと、空港から車を借りて南部の戦跡を巡ったり、
きれいな海を目指して北へと行ってしまうことが多いのですが、
空港の近くでも、すばらしい時間を過ごすことができる場所があるんだなと。

首里城と識名園の間はタクシーが便利ですが、
識名園からゆいレールの駅まではバスが出ていますので、
車がない人でも楽しむことができるスポットです。

識名園、おすすめです。ぜひ!



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ